婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

「婚活で知り合った相手が既婚者でした」裁判所から300万円の慰謝料命令

    2015/08/11

(画像:PAKUTASO)「婚活で知り合った相手が既婚者でした」裁判所から300万円の慰謝料命令

婚活で知り合った相手が既婚者でした

最近はアプリやWEBサイトのマッチングサービスを利用して気軽に婚活ができるようになり、会員数が多いところでは10万人や20万人を超えています。

ところが、ネット婚活で問題となっているのが「既婚者」の虚偽婚活です。

虚偽とは、真実ではないのに真実のように見せかけることを言います。

では、何について偽っているかというと「結婚歴」です。

すでに既婚者であることを隠し、あたかも独身のように偽って異性との出会いを求めている詐欺師のことです。

実際に付き合うまで発展しなければ「ただの迷惑話」で終わるでしょうが、そのままの状態でもしも交際や結婚に話が進んだ時はトラブルが生じます。

悪意があったのか無かったのかが問題ではなく、“故意的”であったことは言い逃れできないので、場合によっては違法行為として相手から慰謝料を請求されるケースもあるのです。

1 2 3 4

オススメ記事



 - 婚活20代・30代・40代向け, 婚活最新情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

自衛隊員の奥さんになれるかも?身近に出会える自衛隊限定の婚活サービスとは?

自衛隊員限定の婚活サービス 近頃は職業を限定した結婚相手紹介サービスも多いようだ …

あなたと彼は大丈夫?相性が合わないと感じる5つの原因

カップルの相性 数ある出会いの中から一人の男性と巡り合い、付き合いだした二人。 …

成婚率60%?!カリスマに学ぶ「上手に婚活するためのポイント」まとめ

カリスマに学ぶ婚活の極意 カリスマ婚活アドバイザーの植草美幸さん。アパレル業界の …

プロに恋愛相談が出来るバー「Cafe&Bar ToBe」で恋愛力を高めよう!

日本初?!プロに恋愛相談が出来るバー「Cafe&Bar ToBe」 20 …

婚活に役立つネイルデザイン!おさえておきたい婚活ネイル3パターン

この夏おすすめの婚活シンプルネイル 女性らしさの象徴と言えば「指先」ですよね。 …