婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

「プロポーズの言葉コンテスト2015」受賞作品を発表~NPO法人地域活性化支援センター

    2015/08/11

(画像:johnhope14)NPO法人地域活性化支援センター「プロポーズの言葉コンテスト2015」受賞作品を発表

6月の第1日曜日プロポーズの日

NPO法人地域活性化支援センターは5月27日に「第9回恋人の聖地 プロポーズの言葉コンテスト2015」授賞作品を発表。

審査会場にはゲスト審査員として板野友美も参加し、これまで菊川怜・西川史子・早見 優・石田純一・北乃きい・安めぐみがゲスト審査員を務めてきた。

また、板野友美はNPO法人地域活性化支援センターが運営する恋人の聖地プロジェクトの親善大使にも任命されている。

毎年6月第1日曜日の“プロポーズの日”にちなんで行われるプロポーズの言葉コンテストだが、今年の応募総数は3116点だった。

募集条件は3つの部門に分かれており、独身の人が対象となる「これからプロポーズの部」、既婚者が対象となる「今だから伝えたいプロポーズの部」

さらに、授賞式の会場でプロポーズしたい人が対象となる「今、ここでプロポーズの部」となっている。

つまり、公開プロポーズだ。

1 2 3

オススメ記事



 - 婚活20代・30代・40代向け, 婚活最新情報, 都道府県別婚活情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【このLINE返信脈あり?!】既読スルーなし!オトコを胸キュンさせるLINEの返信パターン5選

好感度アップのLINE術 短い文章を交換するLINEだからこそ手は抜けない!その …

川島なお美の名言を振り返る【女の生き様を綴った『熟婚のすすめ』より】

妻・川島なお美 女優・川島なお美 2015年9月24日、肝内胆管がんで亡くなった …

婚活女性が独身でいることのデメリットは想像以上に深かった!生涯独身人生の欠点を総まとめ

生涯独身でいたいのか、はたまた結婚できないだけなのか。 理由はどうあれ女性が独身 …

婚活に疲れたら一休み。気軽に通える“カウンセリングカフェ”が渋谷にオープン

新感覚の癒しの場 仕事、恋愛、婚活など、現代の独身者は何かと生きづらい。 大人に …

婚活に潜む危険!?婚活中に気を付けてほしい3つの注意点

婚活ブームの到来で、今や日本は婚活大国へと進化を遂げました。 結婚適齢期の男女の …