婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

これだけは押さえるべき!婚活でカップルになる方法とは?

    2017/06/25

あなたは、今婚活中でしょうか?もし、婚活中ならば、婚活で素敵な異性と出会いカップルになりたいと思っているでしょう。婚活には、2つのステップがあります。1つ目は、素敵な異性と出会うステップ。そして、2つ目は、出会ったあと気にいった異性とカップルになるステップです。

 

出会うことができてもカップルになればければ、恋愛は進展しませんからね。では、どうすれば、婚活でスムーズに気に入った異性とカップルになることができるのでしょうか?

 

このページでは、気に入った異性とスムーズにカップルになれるコツについて、ご紹介していきます。これを読むことで、今までよりもよりスムーズに出会った異性から好かれやすくなれるでしょう。

 

 

仕事関係の話題よりも、プライベートの話題を選ぶこと

婚活でカップルになる方法の1つ目は、仕事関係の話題よりもプライベートの話題を選ぶことです。婚活では、お互いに初対面のとき「どんな人なのか?」「自分と相手は、相性が良いだろうか?」と考えながら話しています。

 

そのため、相手の情報をよりたくさん知りたいと思うものです。そんなときに、「自分の仕事は、〇〇で会社は▼▼にあるんですよ。仕事の内容は……」このように、仕事関係の硬い話ばかりしていては、なかなか異性との会話は盛り上がりません。

 

なぜなら、仕事関係の話題は、あなたという人物像を想像しにくいからです。それに比べ、趣味や休日の過ごし方などプライベートの話題は、あなたという人物像を想像しやすため、婚活で話す話題には非常に向いているのです。

 

たとえば、「休みの日は、友達とフットサルをするんですよ」と言う男性に対して。「活発な人なのかな?」「スポーツが好きな人なのかな?」と想像することができますよね?ですが、これが「僕の会社は、駅から近いんですよ」と言われても、「あ、そうですか…」と会話が続きにくく、あなたがどんな人なのか相手に伝えることができないのです。その結果、2人の距離は縮まらず婚活失敗となってしまいます。

 

婚活では、できるだけプライベートの話をたくさんすること。これは、気に入った異性とカップルになるためのコツです。

 

 

フリータイムは積極的に話しかけること

婚活でカップルになる方法の2つ目は、フリータイムに積極的に話しかけることです。婚活の形式は、立食スタイルや着席スタイルなどさまざまですが、最初1対1で話し、その後フリータイムがあるようなスタイルの場合、フリータイムが1番キーポイントになってきます。

 

なぜなら、フリータイムは、あなたの好意を伝える絶好のチャンスだからです。たとえば、1対1で話しているとき、相手のことを気に入ったとします。ですが、最初の会話なので、お互いの簡単な自己紹介で終わってしまうことが多いものです。

 

ですが、その後フリータイムに相手が自分に「また話したいなと思って…」と話しかけてきたらどうでしょう?あなたは、相手の好意をしっかりと感じることができ、その後、マッチングタイムで誰を選ぶか判断を迫られたとき、迷いなく相手の番号を記入することができるでしょう。なぜなら、人は「成功する」と分かっている方を選択するものだからです。(その逆に、フリータイムで話しかけて貰えなければ、別の人を選ぶ確率も増えてきます)

 

このように、いくら初対面の印象が良くてもフリータイムで話すか話さないか。この小さな違いが、カップルになれるかどうかに深く関わってくるのです。

 

1 2

オススメ記事



 - コミュニケーション, 出会い, 女子力アップ, 婚活, 婚活20代・30代・40代向け, 婚活イベント, 婚活パーティー , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

あげまん度の高い婚活女性の血液型は!?

■“あげまん”とは、何か? あげまんとは、付き合っている男性の運気を上げることの …

独身女性が婚活を成功させるための秘訣

  現在日本は、多くの結婚適齢期の男女や女性が未婚の状態で一生を過ごす …

なぜ、反対されるのか!?親が気にいらない子供の結婚相手

親が反対する結婚相手 結婚相手を実家に連れて行ったとき、親に反対されてしまう場合 …

結婚出来ない男「原石くんもどき」「ジレンマくん」とは?【カリスマ仲人 山田由美子コラム】

山田由美子塾長が本音で発信「今日が一番若いっ!」出会ってナンボやで~。【第8回】 …

婚活中の男性に質問!「高年収」or「低年収だけど貯金がある」あなたは、どっち?

高年収でも貯金ゼロならダメ?! 婚活中の独身男性に質問です。 あなたは、「高年収 …