婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

結婚相手紹介サービスを悪用した業者に騙されるな!被害の事例とクーリングオフの対処法をチェック

    2015/08/11

(画像:PAKUTASO)結婚相手紹介サービスを悪用した業者に騙されるな!被害の事例とクーリングオフの対処法をチェック

婚活者を狙う悪質な結婚相手紹介サービス

サイトやアプリ、結婚相談所など結婚相手紹介サービスを通して結ばれる独身男女が増えている。

そうした優良な結婚相談所や結婚相手紹介サービスは、未婚率の増加が悩まれる現代において貢献度が高いと言える。

しかし、その一方では結婚相手紹介サービスを悪用した悪質業者の被害に遭う人も少なくないようだ。

国民生活センターで受け付けた2014年の相談件数は2,373件にも及ぶ。

過去最高は2010年の3,157件

年々、結婚相手紹介サービスに関する相談件数は減少傾向にあるが、それでも決して少ない数字とは言えない。

・2010年 3,157件

・2011年 2,810件

・2012年 2,666件

・2013年 2,451件

・2014年 2,373件

法律上、結婚相手紹介サービスは特定商取引法の対象となっているため、会員登録しても途中で解約を申し出ることができ、入会金などの費用を返還してもらうよう請求できる。

しかし、必ずしも費用が返ってくるとは限らない。

悪質な結婚相手紹介サービスに費用の返還を請求したところで、上手くいったケースは数件程度しか確認されていないのである。

なぜなら、悪質業者は頃合いを見計らって消えてしまうからだ。

気づいたときには遅かった・・・、というパターンが待っている。

また、これとはケースが違うが、「登録しても結婚できない」という理由があっても、どう判断しても優良な結婚相談所に対して費用の返還を求めるのは理屈が通らない話である。

あくまでも“悪質な結婚相手紹介サービス”に対する手続きの話であり、優良な結婚相談所に対してのクレームではない。

だが、クーリングオフの期間内であれば、いかなる理由でも費用の返還を請求することは可能だ。

結婚相談所や結婚相手紹介サービスの婚活サイトを利用する際には、必ず特定商取引法の記載事項を確認しておこう。

1 2 3 4

オススメ記事



 - 婚活20代・30代・40代向け, 婚活最新情報, 結婚相談所最新情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

たったこれだけで今よりも婚活が上手くいく「結婚活動の心構え4つのこと」

理想の相手が現れなければ一生結婚しない 厚生労働省の調べでは、独身男性の86.3 …

高まる期待と出会い!結婚相談所のかけもちってどうなの?

 「ローマは一日にして成らず」 立派な物事は長年の積み重ねや努力があって初めて完 …

書き方ひとつで大損確定!婚活プロフィールにおける3大タブーとは?
書き方ひとつで大損確定!婚活プロフィールにおける3大タブーとは?

婚活を進めていくと、ご自分の”プロフィール”を記す場面が …

【心理テスト】共働き?専業主婦?思い描いている夫婦像が分かる!

パートナーに望む夫婦像とは? さて、質問です。 あなたは空港のロビーにいます。 …

「心が折れそう…」憂鬱な気分を解消する効果的な方法‐婚活で疲れたあなたへ心のセルフケア法‐

画像参照元 今にも心がポキッと折れてしまいそうな、そこのあなた。 自分の心のSO …