婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

婚活を重く考えすぎないで…気軽にデート感覚で始めよう

    2017/10/05

婚活というと、結婚を前提としたお付き合いをする相手を探し、ゴールは結婚…というのが基本コースとなります。でも、そこまで考えられないから私には婚活なんて早いかも…と思ってしまいますが、決してそんなことはありません。婚活を重く考えすぎず、気軽に始めてみませんか?

 

婚活ってどうやって挑むべき?

婚活は、いろいろな人が参加しています。参加している人の目標はもちろん結婚なのですが、今すぐに結婚したいという人もいれば、結婚はしたいと思っているけれどいい人がいれば…と参加している人もいます。そのため、結婚をする相手を探さなくてはいけない、とあまりプレッシャーを感じる必要はありません。

 

意外と気軽に参加する人もいるため、重く考えすぎなくても大丈夫です。この人は結婚相手に向いているかな…と出会ってすぐ見極められるわけがないですよね。探そうと思えば思うほど、マイナスの部分を探ってしまいがち。それではなかなか進展しづらいので、相手と楽しむ、これが婚活に挑むときの基本です。

 

気軽に始められる婚活もある

街コンで楽しむ

気軽な婚活の代表的な存在が、街コンではないでしょうか。街コンは婚活パーティーとは少し異なり、大型の合コンのようなものです。友達の主催などではなく、街が主催をしている合コンとして開催されます。一つのお店でやることもあれば、いくつかのお店を歩きながら回るという街全体で開催されるものもあり、規模はさまざまです。

 

街コンは一人参加ではなく友達と一緒に参加というタイプが多いため、一人で婚活するのはちょっと不安だから友達と一緒に婚活したい、という人にはおすすめです。

 

連絡先交換なども自由なタイミングでできるようになっていて、本当に合コン感覚ですね。でも友達や自分が主催するとなると、それほど大規模なものはできません。街やお店が主催となれば、ある程度の人数が集まって出会いのチャンスも増えるでしょう。最近は大きな街であれば月に1回程度、多ければ毎週でも開催しているところもあるため、とても参加しやすくなっています。休日の予定がない、というときには街コンに参加してみてはどうでしょうか?

 

婚活サイトで相手探し

実際に相手といきなり会うのはちょっと…という場合は、婚活サイトから始めてみてはどうでしょうか?婚活サイトは、まず登録をして、同じく登録している異性をチェックできます。インターネット上でプロフィールなどが確認できるので、いいなと思う相手がいればメッセージのやり取りをする…など相手とコンタクトをとることができます。相手も自分のことを気に入ってくれれば、メッセージのやり取りをしてから実際に会う、というところまで進んでいくという仕組みです。

 

いきなり会って話をするとなると、何を話していいかわからない…と悩んでしまうことってありますよね。でも、事前にある程度メッセージをやり取りしていれば、相手の趣味やどんなことが好きなのか、会話を探しておくこともできます。

 

また、直接会うタイプの街コンや婚活パーティーなどよりも、出会える人の数は多くなりますね。プロフィールは全国何万人、と大手であればたくさんの人が登録しています。その日参加している人だけではなく、それだけの数の異性から自分がいいなと思える人を探すことができる、と思うとチャンスが増えますよね。

1 2

オススメ記事



 - コミュニケーション, コミュニケーション, デートスポット, 出会い, 婚活20代・30代・40代向け, 婚活イベント, 婚活パーティー, 恋愛 , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【カラーの持つ能力】合コンの洋服の色は派手でも良い理由
【婚活男女必見!】<カラーの持つ能力>合コンの洋服の色は派手でも良い理由

友人や知人などからの合コンは誘われたら断ってはいけません。 なぜなら、せっかくの …

理想的なオトコの爪とは?第一印象が良くなるメンズネイルケアのすすめ

デキるオトコの爪でイメージアップ デキるオトコの指先はキレイに手入れされているも …

切なすぎる夫への家事ハラ・・・。コマーシャルに非難が殺到した「妻の家事ハラ問題」って何?

切なすぎる夫への家事ハラ・・・。コマーシャルに非難が殺到した「妻の家事ハラ問題」 …

未婚率の問題はニートのせい?!ニートを奮い立たせる月9ドラマの名言16選

働かない男(ニート)に“喝”を! 結婚するには稼がなければ話にならない。 つまり …

結婚相談所選びの決め手は“業界最大手”という安心感

画像参照元 “業界最大手” それは、なんて魅力的な言葉なのでしょう。 その肩書き …