婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

結婚したいのに結婚できない独女が抱える恋の悩みトップ3

    2016/11/15

(画像:PAKUTASO)今年こそ、婚活を成功させるには?「結婚したいのに結婚できない独女が抱える恋の悩みトップ3」

独女が抱える恋愛の悩みとは?

“結婚しにくい時代”と言われている現代社会、なぜ結婚したくても結婚できないのか。それには、人それぞれ理由や状況が異なってくるだろう。

そこで今回は初心に戻り、恋愛に対して悩みをもっている女性がどれくらいいるのかを確認してみたいと思う。

参考にするデータは婚活マッチングサービス・pairsが実施したアンケート調査。

pairsは累計会員数300万人を超える、Facebook連携型のマッチングサービスである。

pairsの女性会員2,230名に「恋愛に関する悩み」をアンケートしたところ、「悩みがある」と答えたのは全体の45%。

さらに、どういったことで悩んでいるかを聞いてみると、もっとも多かったのが「出会いがない」という回答だった。

次に多かったのは「好きになれる男性が周りにいない」、「将来的に結婚できるかが不安」という悩みが目立つ結果となっている。

 

恋愛に関する悩みアンケート結果(女性)

1位・・・出会いがない

2位・・・好きになれる男性が周りにいない

3位・・・将来的に結婚できるか不安

・「異性とあまり話す機会がない。自分はあまりしゃべらないから、積極的な人が好みなんだけど、そういう人に限って関わりがなかったりする。話しかけることができない」(18~24歳)

・「出会いがない。自分が良いと思う人に巡り会えない」(25~29歳)

・「なかなか付き合うまでの展開にならない」(35~39歳)

・「縁が皆無。ときめく相手がいない」(18~24歳)

・「タイプの人と出会えない」(30~34歳)

・「どうやって人を好きになるか、分からなくなってしまった」(25~29歳)

・「好きな人ができない、関わり方がわからない」(25~29歳)

・「出会いがなさすぎて結婚出来るか不安」(18~24歳)

・「自分の年齢が高いので恋愛してから結婚できるか不安」(35~39歳)

・「お付き合いをしたことがなく、この先結婚できるかも不安です」(30~34歳)

・「こんな自分を好きになって、結婚してくれる人がいるか不安」(18~24歳)

・「結婚相手が見つかるかわからない」(25~29歳)

・「もうすぐ25になるのに、彼氏もいなくて将来結婚できるのか心配!」(18~24歳)

・「友達以上の関係に1歩踏み出したいけれど、今の関係を壊してまでは踏み出せない」(18~24歳)

・「今までお付き合いをしてきた男性がコミュニケーション下手な人たちばかりだったので、新しく恋人を作るのが心配」(25~29歳)

・「恋愛に対して臆病になりすぎていて、チャンスを活かせない」(18~24歳)

・「好みの人とメールのやり取りはしていても、それがなかなか続かない」(25~29歳)

・「好きな人はいるけど、なかなか進展しないし、連絡しづらい」(40~44歳)

・「急に連絡が途絶えるとやきもきしてしまう。今夜は別の女性とデートしているのかなぁなんて悪い事ばかり想像したり。自分も連絡できない時があるから仕方ないけど・・・」(25~29歳)

※調査対象:pairs女性会員2230名に対するインターネット調査

調査期間:2015年3月27日~3月30日

参考元:pairs

1 2

オススメ記事



 - 婚活20代・30代・40代向け, 結婚できない女

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

「婚活を成功させたい!」本気で結婚したいなら“お見合いのメリット”を知ること!

お見合い賛成派は65% 一昔前とは違って、今ではすっかり婚活の定番となったお見合 …

男は喜び、女は愛される「3つのご褒美」とは?
【婚活男女必見!】男は喜び、女は愛される「3つの恋愛ご褒美」とは?

女は男とは違い、とても複雑な生き物。 とても多くのことを相手に望みます。 「今私 …

実例から見る婚活で失敗し続ける人の特徴とは? 失敗する人の3つの共通点が判明!

大勢の人が婚活をしている中で、「すぐ成婚に至る人」と「失敗続きで結婚できない人」 …

婚活アプリに潜む危険な罠!これが婚活を悪用する“勘違い野郎”の実態だ!

婚活アプリは便利で手軽、だけど危険も多い 真剣に結婚したいと願っている独身者にと …

イマドキの“モテ顔”第3位 清楚っぽいガーリーメイク
婚活男女向け「異性ウケが良いファッション」&「好印象」を残す最重要ポイントTop3!

「人間は中身」とはいうものの、第一印象のインパクトの大きさも無視できません。 美 …