婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

今や女性でも許されない?パラサイトに対する冷たい目

    2015/08/18

今や女性でも許されない?パラサイトに対する冷たい目

一昔前は、女性の肩書きとして「家事手伝い」という言葉が頻繁に使われていました。

現在で言う親へのパラサイト状態です。

響きは悪いかもしれませんが、定職を持たず親の資金で生活をしている男女に対し、世間の目は厳しくなっています。

特に結婚相手には、アルバイトでも良いから現在進行形で働いているパートナーを選びたいと誰もが思っています。

家事手伝いの女性への不満

近頃の男性は、女性の年収面も結婚の条件として考えていますので、無職の女性に対し「友達ならいいけど奥さんにはしたくない」という印象を持つようです。

その心とは、年収面で頼りたいという気持ちばかりではないようです。

・自分が家族の大黒柱として頑張っていても仕事をしたことのない女性は苦労がわからない

・職場に行くという苦労をしならない女性は自分に甘い傾向がある

・結婚後は子どもができるまでパート勤務をしてほしいが、現在無職なのに結婚後に働いてくれるはずがない

1 2 3

オススメ記事



 - 婚活20代・30代・40代向け

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

人見知りな女性と仲良くなる方法 押し過ぎて嫌われない6つのアプローチ術とは?

画像参照元 人見知りの女性を好きになったけど、どうやってアプローチしたらいいのか …

究極の花嫁!?独身女性の「ひとりぼっち婚」

ひとりぼっち婚って何? ひとり焼肉やひとりカラオケなど、おひとり様を楽しむ女性が …

輝くオーラを纏う独身女性の充実した「おひとりさま休日」の過ごし方‐女を磨くと人生が輝く方程式

画像参照元 キラキラと輝くオーラを放つ女性っていますよね? 彼女たちは、いったい …

子どもに戻って無邪気なワタシで!「運動会コン」5月3日開催

春です!ぽかぽか陽気につられて体を動かしたい人はいませんか~?最近は男女とも、お …

人見知りでも笑顔がこぼれる婚活ライフを送るには?

画像参照元 婚活では、一対一のお見合いを除くと、一度に大勢の異性とコミュニケーシ …