婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

原因は自分自身にある!? 嫉妬や束縛を減らすためのコツ

 

男はやきもち、女は嫉妬。男がほかの男に対するジェラシーと女がほかの女に対するジェラシーは、似ているようでちがうと常々感じています。

mangostock – Fotolia.com

とくに女性は、やきもちではなく、嫉妬が強いものです。そのため、大小はさまざまですが、「こんなことで嫉妬したくないのに」と嫉妬することに苦しむ女性からの相談も多く寄せられます。

嫉妬は悪のように思われることも多いですが、そんなことはありません。彼を愛しているからこその苦悩です。嫉妬を上手に付きあうことで、結果的に「嫉妬する自分が嫌!」という気持ちを減らすことができます。

■嫉妬していることを認める

私自身、以前は嫉妬の塊のような女でした。恋人の近くにいる女は、みんな彼を奪おうとしているとまで思っていたくらいです。

でも私は、自分が嫉妬深い女だとは認めていませんでした。どうしてかわかりますか? それを認めてしまうと、自分がとても醜い女のような気がしたからです。

小さなことで感情的になる女だなんて知られたら、彼から愛されなくなってしまう、嫌われてしまうと考えていました。

実際、嫉妬心を抑えながら、彼を笑顔で送りだしていました。“理解のある女”を装っていましたが、がんばればがんばるほど、うまくいかなくなっていることを実感していました。

そんなとき、そのときの恋人にいわれた言葉があります。

「そうやって、いい子ぶっているかもしれないけど、スゲー伝わってくるんだよ! それが重すぎる! 嫌なら嫌っていえばいいだろ!」

いわなくても伝わってほしいと、どこかで思っていたんです。それが彼を苦痛にさせていることにも気づきませんでした。

そのときに初めて「ああ…私、いろいろなことに嫉妬してたんだ」と心から思いました。そしてその瞬間、背負っていた無駄な荷物を下ろせたような気持ちになったんです。

■何に嫉妬しているかを知る

嫉妬していると認めると、ある変化が生まれます。それは「嫉妬しちゃうよね」と嫉妬している自分自身を認めること。じつは、これがとても大きいのです。

感情というのは、認めることで上手に付きあうことができます。どんなトラブルも、そのトラブルを認めることで解決策や最善方法を模索できますが、それと同じことといえます。

「嫉妬しちゃうよね。うんうん」と自分自身を受けとめてください。そして、どんなことに嫉妬しているかを知っていきましょう。

私の場合は、自分以外の女性と会うことでした。しかし、私と一緒にいるときに、女性と話をしても嫉妬はしませんでした。私がいないときに、私以外の女性と話すことが嫌だったんです。

できるだけ細かい状況で、どんなときに嫉妬しているかを知っていきましょう。そうすることで、嫉妬するときとしないときのちがいを知ることができます。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

男が求めるアラサー女性の “ちょうどいい” バランスとは?

必ずしも男は若い女性に弱いかというと、実はそうでもありません。バランスのとれた“ …

嫌悪感を与えてる!? 話し方のクセを改善してコミュニケーション上手へ!

気軽にコミュニケーションがとれるSNSやLINEなどは便利なツールですが、実生活 …

男性が「この子と飲みたい!」と思う女の特徴

出会いの場に欠かせないものといえば、やっぱりお酒。 合コンや飲み会などはもちろん …

傘を持っていない人は大器晩成型? 傘から予想できるオトコの器

日本のように多湿な気候ではなく、梅雨もないというここイタリア。ぬれねずみになるほ …

女性からの愛情表現がカギ! 彼を虜にする上手なスキンシップとは?

仲良しカップルは愛情表現に手を抜きません。日頃のスキンシップが上手くできているか …