婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

「俺の子供が欲しいなんていってたくせに、馬鹿野郎!」短歌に学ぶオトコ心

    2016/02/12

人が人を思う気持ちは、古代から今日まで変わらないものです。文化や生活習慣が変化しても、瞳の色や言葉がちがっていても…。

Eugenio Marongiu – Fotolia.com

しかしなぜ、いつの時代も男と女はわかりあえないものなのでしょうか? 女性の恋心を男性は重く受けとめ、男性の愛情に女性は不安を抱きます。

男性歌人がつむぐ恋の名歌を読みとき、男性の心を探っていきましょう。

■さわやかでういういしい恋愛

「空が傘を見せてほしくて落とす水のようなキスに君は応じる」木下龍也(「短歌研究」2016年2月号)
「君とゆく道は曲がっていてほしい安易に先が見えないように」同

さわやかな短歌。まるで、ミントティのようです。雨が降るのは、空が傘を見たいからだというのは、新しい考え方ですね。はにかむ恋人の顔を傘が隠しているような風情があります。

けれども、彼女と歩く道は曲がっていてほしいという、すこし屈折した感情も…。近づきたい、もっと触れあいたい、けれど安易に先は見えてほしくはない。そんな揺れうごく心が、フレッシュでみずみずしい作品です。

■「恋人」から「妻」に変わるとき

「しばらくは敬称つきできみを呼ぶ晩春の底を象が歩めば」田村元(『歌集 北二十二条西七丁目』)
「家族ではまだない人を連れて行くわれと北風の生(あ)れしところへ」同
「旧姓を木の芽の中に置いて来てきみは小さくうなづいてゐた」同

作者にとって、現在の「きみ」の立ち位置は複雑です。とくに3首目の「旧姓を木の芽の中に置いて来て」という描写に、結婚のよろこびと、覚悟の両方が感じられます。恋人を、「妻」として家族に迎える青年の心が伝わってきました。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

あなたの彼、大丈夫? ハイスぺ激務男子の巧みな嘘と本音【前編】

そろそろ夏も近づき、花火に海、フェスにとイベントが待ち遠しいですね。 夏まであと …

「一緒にNetflixみよう」はキケン!?  直訳すると危ない英語のお誘い

Netflix(ネットフリックス)、みなさんはもうご存知ですか? オンラインDV …

恋愛の名言から学ぶ 彼との関係を発展させるコツ

なぜか「いつも恋愛がうまくいかない」という人は、自分の中のルールに縛られているの …

思わず背中がゾクッ! めちゃくちゃ怖い男と女の復讐劇【前編】

夏の開放感か、街を歩くカップルの密着度が急速に高まっていくここイタリア。 筆者は …

「信じる」魔法で世界から優しくされ、きっとパートナーもみつかる 【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー・心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える …