婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

「恋人と長続きしない」女性を悩ます“さみしさ”の正体とは?【心屋仁之助 塾】

 

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「恋愛が長続きしない」という、ふわりさん(27歳・接客業)に、心屋塾上級認定講師の福原由佳(うさこ)さんからアドバイスをいただきました。

Aliaksei Lasevich – Fotolia.com

■ふわりさんのお悩み

私はとてもめんどくさい女です。昔から結婚願望が強いものの、なかなか恋愛が続きません。

彼氏ができても、楽しいのは最初だけ。会えないさみしさと不安からいろいろと悩み、こんなにつらいなら別れた方がよいのではという結論に至り、別れを切りだしてしまいます。

最初は相手が引きとめてくれるのですが、2回目3回目ともなると、本当に別れることになります。そうなると余計につらくなり、後悔して泣きつくというパターンを何度もしてきました。

何度もくりかえすたび、自分にあきれ、落ちこみ、生きていることさえ嫌になります。恋愛が失敗するたびに、仕事も手がつかなくなり、ひどく落ちこんでしまいます。

こんな私でも、きちんと結婚して幸せな生活を送ることができるのでしょうか? 教えてください。

■心屋塾上級認定講師の福原由佳(うさこ)さんより

ああ。確かに、“めんどくさい女”…ですね。じつは私にも、一度ならず心当たりがありまして、心をチクッとさせながらご相談を読ませていただきました。

もしかしたらふわりさんは、とっても“さみしがりやさん”ではありませんか?

恋愛って、最初のうちは愛情表現が多いですよね。言葉はもちろん、会う回数や、会話、表情…すべてにおいて「好き」が表れやすいもの。だけど、お付きあいが長くなると、どんどん“日常”になっていくので、連絡のない時間が増えたり、彼の態度が冷たく感じたり…。

そんなことをきっかけに、彼はもう自分のことを好きではないのではないか、ほかの女性といるほうが楽しいのではないか。そんな妄想が膨らんで「こんな苦しい思いをするなら、ひとりでいるほうがましだ!」と、つい別れ話を切りだす。

で、引きとめてくれると、彼の愛情がまだ自分にあることが確認できてホッとするのだけど、そうでなくなった途端、本当にひとりになってしまうさみしさに耐えられなくなって…。

こんな感じかな? と想像しました。これってね、ひとことで言うと、“さみしさ”に振りまわされている状態だと思うのです。

もしかしたらふわりさんは、幼いころから、たくさんの“さみしい気持ち”を感じながらも、家族やお友だちにあまり表現せずにこられたのではありませんか?

そんなふうにためこんだ“さみしい気持ち”は、じつはずっと外に出るチャンスをうかがっています。“めんどくさい女”になるのは、恋愛をきっかけに、自分のなかにひそんでいた“さみしい気持ち”が「気づいてよー!」って暴れだしているときなんです。

だから、そんなときには「ああ。さみしいなぁ。いままで気づかなくてごめんね」って、ひとりごとみたいに自分で自分に言ってあげてほしいのです(ちょっと恥ずかしいので、ひとりっきりのときにね)。

そうやって口に出しながら、自分の気持ちを受けとめてあげてほしいのです。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ただの都合のいい女になっていない!? 悲劇のヒロインから卒業する方法

4年に渡り不倫を続けてきた知人女性がいます。つらいことも多かったようですが、彼女 …

「もしかしたら夫も…!?」オーバー30で不倫にハマッた女性たち【女30からのシアワセ道 vol.24】

独身女性は30歳をすぎると既婚男性から声がかかるケースが増えるといわれています。 …

あなたの彼、大丈夫? ハイスぺ激務男子の巧みな嘘と本音【後編】

前回に引き続き、外資系証券会社勤務の男子の本音に直撃インタビュー! 色々とご披露 …

「お金がない」と口にする男性は、自分の株を下げているだけかも

突然ですが、私は女性に対して「お金がない」という男性が嫌いです。 BestPho …

男が本当に好きなものは2つ・・・ 偉人たちが残した「恋の名言」

恋に行きづまったとき、ふとしたひとことが心を軽くしてくれることがあります。身近な …