婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

けんかは24時まで!? 恋人に自分の意見を伝える方法【女30からのシアワセ道 vol.28】

    2016/03/21

恋人とけんかをしたことがないというオーバー30の女性を筆者はあまり見かけたことがありません。みなさんも恋人とのけんかは経験済みではないでしょうか。

teksomolika – Fotolia.com

恋人と意思の疎通が図れない、自分の意見がうまく伝わらないなど、けんかをするとカップルごとに壁にぶつかりますが、パートナーとけんかに発展させずに、自分の意見を伝える方法があります。

■一度必ず相手の意見を肯定する

「それはちがう!」と思ったとしても、一度は必ず相手の意見を「そうなんだ」「なるほどね」などと肯定してみてください。

この「肯定」の必要性を感じた体験があります。恋愛とは離れますが、筆者が化粧品を買いに行ったときのことです。

2つの商品のうち、どちらを買おうか迷っていて販売員に相談したところ、彼女はわたしの迷いなど聞いていないようで、「それよりもこちらのほうが」と、次々に別の商品を提供してきたのです。

販売経験者ならすでに知っている事実ですが、販売員は相手の意見をまずは「そうですね」と肯定する教育を受けています。先の彼女にはその「肯定=そうですね」などの言葉がまったくありませんでした。

筆者は彼女と話していると、「自分の売上しか気にしていないのではないか」という気分になり、話を聞く気が失せました。

これを恋人同士のけんかに当てはめると、一度も相手の意見を肯定しないと相手は自分の意見を聞いてくれていないと感じてしまい、話す気すら失せてしまうということです。

けんかは感情のぶつかり合いが主軸になりがちですが、もとを正せば相手ともっと深く知りあいたいからこそ始まってしまうものでもあります。その原点を忘れなければ、まずは肯定するくせもつくはずです。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

「好きな人ができない!」という焦りを減らすためにできること

こんにちは、恋愛作家の片瀬です。 あなたはいま、好きな人はいますか? ottoc …

ワシ鼻であればいい、26歳 看護師・香織【スナック大宮 今夜も薄口アドバイス】

みなさん、こんにちは。ライターの大宮冬洋です。読者の方々の中には本連載のタイトル …

女性に嫌われるけど男性に好かれる女性は、結局誰からも愛されない 【アラサー男の本音100% vol.6】

こんにちは。男目線の恋愛コラムを担当しております、ライターの朽木です。 セクシー …

自立した男性と結婚したいなら、母親と決別すべき 【女30からのシアワセ道 vol.9】

家族仲が良好で、とくに母親とは仲がよく、なんでも話せる間柄。 職業を問わず女性に …

ただ褒めるだけじゃ時間のムダ! 相手の心に残る褒め方とは?

気になる彼と会話をするとき、好印象を与えたいがために、彼のことを褒めていませんか …