婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

「うわ…来た」って思われてるかも LINEのNGワードと返信させるコツ

 

恋人との連絡手段として、もはやLINEはなくてはならない存在になっていますよね。でも、やっかいなのが既読表示。もう読んでいるはずなのに、「どうして返信をくれないの?」と考えをめぐらせたことがある方も多いはず。

そんな連絡不精な彼は、どうすれば返信してくれるのでしょうか。まわりのモテ女たちのテクニックから、研究してみました!

■●●入りのスタンプをプレゼント

男性のなかには「既読」表示が、返信がわりになっている男性も少なくないのだとか。

Sさんの彼は、「相手に確認したことが伝わっているのだから、わざわざ返信をしなくてもOK」と考えているそう。たったひとことの返信すら面倒な男性心理をわかる女性は、なかなかいないかもしれません。

そんな彼にSさんは、「OK」「ありがとう」などのセリフの入ったスタンプをプレゼント。文字を入力するよりも簡単なので、返信がくる確率が高くなったといいます。

■不要なメッセージを送らない

恋人に対しては、こまめにメッセージを送りたがる女性は多いもの。しかし男性には、そういったタイプはあまりいないですよね。

そのため、「いま何してるの?」という緊急性の低いLINEは、放置プレイされがちです。やりとりを楽しみたい気持ちはありますが、忙しい彼には控えたほうが無難のようです。

そんなLINEばかり送ってしまったUさんは、肝心な内容も既読スルーされてしまうように。それ以降は反省して、不用意にLINEを送る頻度を減らしたそうです。

■思わずツッコミたくなる写真を送ってみる

「メッセージを疑問形にすると返信をもらいやすくなる」というメールやLINEのテクニックがありますが、「オッケー」すら面倒くさがる人には、質問に答えるのはハードルが高いことも。

そんな彼の気を引きたいなら、思わずツッコミたくなる写真を送ってみましょう!

Mさんは彼から返信が来ないときには、街で見かけたおもしろい看板など、思わず「何それ?」と聞きたくなるような写真を送るようにしてから、よく返信がくるようになったのだとか。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

関西男に恋する乙女必見!「これだけは言うたらアカン」NGワード3つ

関西出身者には、「言われると、なぜかイラッとしてしまうセリフ」というものがありま …

「恋人と長続きしない」女性を悩ます“さみしさ”の正体とは?【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える …

男性との縁をすぐに切ってしまう前に、相手の長所を3つ見つけよう

「男性と比較すると、女性は初対面で今後の縁の有無を即断する傾向がある」 上記は結 …

甘えられ過ぎるとウザい? 年下彼氏との快適な距離のとり方

付き合ってみて、初めて知る相手の姿というものがあります。それが自分と合わない時は …

その言動、大丈夫!? モラハラ認定されてしまう女性の特徴

芸能人の離婚騒動をきっかけに広まった「モラハラ」。一見問題なく、お付きあいまたは …