婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

ダンナといつまでも男と女でいる方法

    2016/04/26

交際中や新婚時代はラブラブで、寝ても覚めても彼のことばかり考えていた。なのに今ではダンナさんがまるで空気みたいな存在になってしまっている。そんな関係に本当はちょっと不満に感じている人も多いのでは? 惹かれて一緒になった仲なのだから、本当はいつだって愛を感じていたい。時が流れるなかで、どうすれば関係を保っていけるのでしょうか。

© Antonioguillem – Fotolia.com

■ダンナさんへの気持ちを再認識しましょう

家事に子どもの世話に仕事にと、忙しさに流され、目の前のことだけにいっぱいになっていませんか? 本当に大切なことを感じずに、ただ毎日を「こなしているだけ」になってしまうと、日々の不満が解消されずつらいだけ。まずは、あなた自身のダンナさんに対する気持ちを再認識し、強く心に刻み込みましょう。

今までの2人の歴史を思い返し、愛情や感謝を心に留めるのです。そうして、あのころのように、優しい気持ちでダンナさんに接すること。すると彼も次第に当時を思い出し、あなたをもっと大切にしたいと気持を再認識するものです。

■呼び方を変えましょう

お互いの呼び方も大事です。子どもが間にいれば、パパやママと呼びあうのは仕方ありません。でも、2人のときには恋人時代のように元通りにしませんか。昔は名前やあだ名で呼び合っていたのに、子どもが生まれたとたんにパパとママになってしまっては、2人の関係が単なる家族の一員になってしまいます。そして、パパ・ママと呼び続けることで、自分自身を「ママ」、相手を「パパ」と擦り込んでしまうのです。家族は大事ですが、元はやっぱり男と女。せめて2人でいるときには、相手をもとの呼び名で呼びましょう。その方が親密さが増すものです。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

イタリア人直伝! 恋人やパートナーに大切にされたい女性が使う愛情表現

イタリアの人たちは、恋人やパートナーに「アモーレ(愛しい人)」「テゾーロ(私の宝 …

彼との愛も深まる 「励まし上手な彼女」になるための5つのポイント

彼が落ち込んでいるときこそ二人の愛を深めるチャンス。どんな方法で彼を励ましたらい …

ツライ恋はおしまいに。彼から大切にされない…という思い込みについて 【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門が相談に答える「凍えた …

母親からの辛辣な一言やワガママに我慢の限界を感じている女性へ 【心屋仁之助 塾】

人気の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたコ …

あざとくてもOK! 30代でも、まだまだ使える「モテテク」4選

いまの時代、女性の30歳って、「まだ女子」なのかもしれません。グラビアアイドルだ …