婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

ダンナといつまでも男と女でいる方法

    2016/04/26

交際中や新婚時代はラブラブで、寝ても覚めても彼のことばかり考えていた。なのに今ではダンナさんがまるで空気みたいな存在になってしまっている。そんな関係に本当はちょっと不満に感じている人も多いのでは? 惹かれて一緒になった仲なのだから、本当はいつだって愛を感じていたい。時が流れるなかで、どうすれば関係を保っていけるのでしょうか。

© Antonioguillem – Fotolia.com

■ダンナさんへの気持ちを再認識しましょう

家事に子どもの世話に仕事にと、忙しさに流され、目の前のことだけにいっぱいになっていませんか? 本当に大切なことを感じずに、ただ毎日を「こなしているだけ」になってしまうと、日々の不満が解消されずつらいだけ。まずは、あなた自身のダンナさんに対する気持ちを再認識し、強く心に刻み込みましょう。

今までの2人の歴史を思い返し、愛情や感謝を心に留めるのです。そうして、あのころのように、優しい気持ちでダンナさんに接すること。すると彼も次第に当時を思い出し、あなたをもっと大切にしたいと気持を再認識するものです。

■呼び方を変えましょう

お互いの呼び方も大事です。子どもが間にいれば、パパやママと呼びあうのは仕方ありません。でも、2人のときには恋人時代のように元通りにしませんか。昔は名前やあだ名で呼び合っていたのに、子どもが生まれたとたんにパパとママになってしまっては、2人の関係が単なる家族の一員になってしまいます。そして、パパ・ママと呼び続けることで、自分自身を「ママ」、相手を「パパ」と擦り込んでしまうのです。家族は大事ですが、元はやっぱり男と女。せめて2人でいるときには、相手をもとの呼び名で呼びましょう。その方が親密さが増すものです。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

一石二鳥!? 習いごとやセミナーを出会いの場としてオススメする理由

こんにちは、恋愛作家の片瀬萩乃です。 Photographee.eu &#821 …

仕事中の表情にも注意 モテる30代女性の共通点【女30からのシアワセ道 vol.25】

30代に入ると、次第に男性から結婚対象として見られづらくなる説がありますが、はた …

恋愛体質で恋してないと満たされない? 恋多き女は実は「恋愛ごっこ」依存症

不倫、二股など、難のある恋愛をしてしまう人は少なからずいます。ただ、そういう人た …

小さなことでも褒めまくれ! 「ひとりっ子男子」を意のままに操る方法

「ひとりっ子」と聞いてどんなイメージがありますか? 甘えん坊? わがまま? どち …

オトコはキャバクラに行く生きもの、みたいな風潮はそこまでだ! 【アラサー男の本音100% vol.7】

こんにちは、ライターの朽木です。チヤホヤされたいタイプですが、されたらされたで何 …