婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

男性の興味を喚起するには、情報は「最小限」にとどめるがベスト

    2015/06/05

「どこに住んでいるんですか?」

「お仕事は何をされているんですか?」

異性からのこんな質問にあなたはどう答えていますか?

「○○大学出身で○○という会社に勤務」
「○○市、○○区在住」など
なんだかちょっと堅苦しい? かっこ悪い? そんな印象を持ってしまう私。

確かに聞かれたことに対して正直に答えているのはわかるのですが、なんだか必死に聞こえませんか? 質問は相手の興味のあらわれでもある一方、次の会話につなげる「手段」でもあるんです。だからこそ、ちょっと慎重に答えてほしいわけです。

難しいことはいわず、とりあえず私が徹底しているのはこれ。“必要最小限におさえる”ということ。

聞かれたこと以上のことは極力話さない。たとえば「お仕事は何をされているんですか?」という質問に対しても、会社の名前を出す必要ってないですよね。

逆にそれがもし相手よりも大手の企業だった場合、自慢に聞こえてしまう場合もあります。

「その固有名詞、出す必要ある?」「嫌味に聞こえる」と思われてしまうことも。

そこはあえて「○○系です」と、ちょっと我慢して「詳細情報」は最小限で答えてみてください。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

浮ついた彼ならいらない 一途な男性に共通する意外な特徴とは?

真剣に付き合うんだったら、フワフワ浮ついた男より一途な男性のほうが誠実で素敵です …

惚れた男を追うべきか、惚れられた男に行くべきか…結局どっちが正解なの?

思う人には思われず、思わぬ人に思われるという恋愛パターンは多いものですよね。今回 …

見てられないほどイタい! みんなに嫌われる“カン違いサバサバ女子”の特徴

重い女性や尽くす女性は、「かかわると面倒くさそう」というイメージがあり、男性から …

デメリットが明確だからこそ、社内恋愛で“運命の人”を見つけるべき

「出会いがない」という女性の多くは、「恋愛するような“ステキな人”との出会いがな …

彼氏ができない 理由は、恋の発展を止める考え方だった

「出会いがない。」本当に出会いがなくて困っている人もいますが、出会いはあるのに恋 …