婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

やらなきゃ損、彼との関係がグンと深まるSNS活用術

    2015/06/05

facebookで知り合い、おつき合いを始めたカップルの話を聞いたときのことです。

お互いにさぞ充実したページを作っているのでは? と聞くと、彼女から「私はそうでもないわ。

むしろ、彼のほうがすごいの。自分のページに『二人であれした、これした』ってなんでもかんでもアップするのに今悩んでる」と意外なセリフが返ってきました。

ソファーで眠っていた彼女の寝顔(彼女的にはNG顔)を、彼がラブラブコメント付きでアップしたのが原因で大ゲンカしたこともあるそう。愛のなせるワザじゃない!

とつっこんでみると「まあね~」と、苦笑い半分でノロケてくれました。

歩きながら携帯を使い、夕飯のおかずをパートナーと大声で相談するようなイタリア人をどこでも見ますが、今は歩きながらSNSアプリでチャットする人の姿も多いです。

おしゃべり好きのイタリア人だけに、TPOを選ばず利用できるコミュニケーションツールは大歓迎のよう。

そんな彼らが実践しているSNS活用方法をご紹介します。

1.彼のハートを射止める

SNSで知りあい、2年ほどの友だち関係からカップルへとステップアップした知人女性がいます。

彼の趣味(ややオタkク系)を知った後、なんとか彼の心をつかむために、彼女は「彼の趣味のジャンルの記事や写真をネットで見つけて、自分のページにコメントつきで載せる」ことを実行していました。

自分が知らなかった分野だけに、どんなネタだと彼が食いつくのかがよくわからず、最初のうちは苦労したと話す彼女。

「その記事は彼だけに見てほしかったから、閲覧は彼オンリーにしておいた」ところ、彼女の記事をヒントにして彼が作った作品が、見事コンテストに入賞。そのお礼のディナーに誘われた時、交際を申しこまれて今に至っています。

彼女は「今では私も彼の趣味に協力することが多い。私もハマっちゃったみたい」とうれしそうでした。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

指摘するのは逆効果!? 彼の悪いクセを直した女性が実践したこと

多かれ少なかれ、誰にでもクセはあるもの。しかし、それが人生や生活、人間関係に悪い …

近くても遠くてもダメ! 彼氏の友達とのベストな距離感とは?

あなたは彼氏の友達と会ったり、遊んだりしたことがありますか? 彼の友達とも交流が …

「尽くす男」に変わる!? 彼との関係で意識したい4つのポイント

一方的に自分だけ尽くすのは正直なところ不安…、お互いが尽くし合い、労わり合ってい …

「夢追い男性」を応援する? 別れる? ジャッジするための2つのポイント

メジャーデビューを夢見ている、バンドマンの彼。今はまだ売れていない、芸人志望の彼 …

ダンナといつまでも男と女でいる方法

交際中や新婚時代はラブラブで、寝ても覚めても彼のことばかり考えていた。なのに今で …