婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

「デキ婚狙い」って、幸せになれるの?

    2015/06/07

先日、何かのテレビドラマだったと思うのですが、仕事が忙しくデートする時間がしばらくとれなかった女性が、恋人と久々に食事をしたら、いきなり彼から「アプローチしてきた女性とつい出来心で付き合ったら彼女が妊娠してしまった。

責任をとるので別れてほしい」と切り出され唖然とするシーンがありました。

それを見ていた私の娘が「えー、ひどい!こんなのありえない!」と憤慨していましたが、ドラマの世界でなくても「彼女の妊娠を機に結婚に踏み切る」ことは結構あると思います。

付き合いが長くなってきて、結婚するでも別れるでもなく、何となく惰性? で続いているカップルなどには、「子供ができた」という事実が背中を押してくれて結婚に至ることもあるでしょう。

また、以前と比べて親世代の「デキ婚」に対する見方がかなり変わってきていることもあります。

一昔前なら「順番が違う!」と眉をひそめられたでしょうけど、非婚率が上昇している昨今では「早く孫の顔が見たい」と願う親世代が「きちんと結婚するのであればまあいいか」と寛容になってきていることも影響しているように思います。

ですので、「彼に結婚を決断させるため」という意味では、妊娠という事実を作り上げることはかなり成功率が高いといえます。

が、だからといって…あなたが片思いしている男性がいたとして、その彼に対し「そろそろ結婚もしたいし子供もほしいから、いっそのことわざと妊娠してしまえ!」というアプローチをかけるのは私はオススメできません。

もし実行できたとしたら、確かに「結婚」に持ち込める確率は高くなるでしょう。

しかし「結婚生活」を持続させるために、かなりの努力と忍耐力を要する覚悟が必要になるからです。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

当てはまったらいつか離婚? “こじらせ妻”に共通する5つのポイント

結婚生活への理想が高い、思い通りにいかないと旦那のせいにしてしまう、高い生活水準 …

家のコトができない男の思考回路を解説します 【アラサー男の本音100% vol.5】

はじめまして。男目線の恋愛コラムを拝命したライターの朽木です。 「アラサー男性の …

結婚の主導権は女性にある! 結婚を呼び寄せる婚活風水

こんにちは。Dr.コパです。 結婚適齢期に入り、周囲の女友達がどんどん結婚してい …

失敗しない婚活のために知りたい、幸せな結婚の共通点【後編】

今回は、失敗しない婚活のために知りたい、幸せな結婚の3つの共通点【前編】の続きに …

今がチャンス! ホントに結婚したいのかわからなくなったあなたへ

「知ってた?○○結婚するんだって!」何度となく聞いた、友達が結婚する話。 「へえ …