婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

なかなか結婚を決意しない彼からプロポーズを引き出すには【前編】

 


「自分自身もいい年齢になってきたし、つき合いも長いのに彼がプロポーズしてくれない」。筆者はライターとして恋愛企画の取材や仕事で受けている恋愛相談で、こういった独身女性からの声をよく耳にします。そんな女性の悩みの一助にしてほしく、今回は、結婚に対して腰が重い彼からプロポーズしてもらう方法をお伝えします。

■まずは彼にとって「いなくては困る存在」になっているか確認を
男女が平等に働く世の中になったとはいえ、結婚に対する価値観は依然として異なります。

女性は結婚=幸せ
男性は結婚=責任、義務を負う

という考え方から抜け出しきれていないのです。女性は結婚して子供ができたら数年間、専業主婦になる選択肢もありますが、男性は育児休暇を依然として取得しづらく、また、専業主夫という言葉が世間に浸透していないことを見ても価値観の相違は明らかです。

つまり男性は、責任や義務を負ってでも手に入れたいと思えなければ、結婚に踏み切ることもできないということです。そういう存在に自分がなるためには、彼にとって「いなくては困る存在」になっているかが鍵となります。まずは自分自身の中で、彼にとってそういった存在になることができているかを確認してみてください。
■周囲を味方につける
彼にとって「いなくては困る存在」になっているうえでできる方法が、周囲を味方につけることです。こういう伝え方をすると、周囲から固めるのはずるい、作為的ではといった意見があるかもしれませんが、要は自分自身が周囲から「何であんなにいい子と結婚しないの?」といわれるような女性になるということです。

■誕生日に婚約指輪か結婚指輪をお願いする
女性の年齢が30歳近辺で、交際期間が数年経っているなら実行しても男性が引かない方法です。「誕生日に何が欲しい?」と聞かれたら、「婚約指輪(もしくは結婚指輪)をお願いします」といえば、彼も決意を固めざるをえません。これは、「そろそろ私もいい年齢ですが、あなたはどう考えていますか?」という言葉にはせずに決断を迫る方法です。いまは婚約指輪の交換を省略して結婚指輪のみという夫婦も増えているため、即結婚指輪をお願いしてもいいでしょう。この方法で男性が引くようであれば、今後何年経っても決断できない可能性もあります。

後編でも「結婚に対して腰が重い彼にプロポーズしてもらう方法」をお伝えします。
(内埜さくら)

【関連記事】
より成功確率をアップさせる「逆プロポーズ」の極意
同棲相手との結婚が見えません! 【ひかりの恋愛お悩み相談室】
男性のプロポーズ観は女性が思うより受身?〜婚活における男女の意識はこんなに違う
男性が「早く結婚したい」と感じる瞬間【後編】
男性が結婚を意識する3つの瞬間

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ずっと会っていないのに片思い、妄想上の彼を追い求めているだけ?

何年経っても「忘れられない人」がいる人も少なくないでしょう。今回は、昔の恋をひき …

近くても遠くてもダメ! 彼氏の友達とのベストな距離感とは?

あなたは彼氏の友達と会ったり、遊んだりしたことがありますか? 彼の友達とも交流が …

関わるだけ時間の無駄 残念な男との縁は容赦なくぶった切れ!

一緒にいると不幸になるとは分かっていても、腐れ縁というのはあるものです。 コラム …

おフェロメイクって一体どういうことなの? 【アラサー男性の喫煙所トーク vol.1】

男性の本音って、どこで聞けると思いますか? 異性の正直な意見は気になるものの、恋 …

甘えられ過ぎるとウザい? 年下彼氏との快適な距離のとり方

付き合ってみて、初めて知る相手の姿というものがあります。それが自分と合わない時は …