婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

「どうでもいい人にばかり好かれる」その理由の裏にある、幸せになるヒント

 

先日カウンセリングに訪れた30歳の秘書A子さん。

仕事柄年配の方と接することも多いせいか、ハキハキとして、コミュニケーション力も高く、上司にも頼りにされている様子。

そんな、なんでも上手くこなしてしまう彼女がこんな相談をしてきました。

「気になる男性には全く好かれないのに、自分は何とも思っていない人からばかり好かれるんです…」

つまり、本命には相手にされず、自分から見たら対象外と思っている相手にはやたら好かれるのだそう。

じつはこれ、婚活相談でとても多い悩みのひとつ。

「この人じゃない…」という人に、なぜ好かれるのか

人を好きになるとき、そのきっかけってどんなことでしょう?

気さくに話しかけてくれた、一緒にいると会話が弾む、自然体で接してくれる…そんな人には自然と心がひかれませんか?

つまり、自分の考えや思いを、気負いなく「開示」して、立ち居振る舞いという「表現」に、人柄が表れている人。

まさに「自然体」な人ということですね。

ここで質問です。実はこれ、自分が“どうでもいい相手”にならできている事ではありませんか?

自分を「開示」し、相手に伝わるようにストレートに「表現」する。

この2つが、お互いに分かり合い、親密度を増すためにはもっとも大事なことです。

しかし、好きな人に対しては、気持ちが強ければ強いほど、なかなか声をかけられなかったりしませんか。

話せたとしても、ぎこちなく事務的になってしまったり、緊張して相手の目をしっかり見ることができなかったり、そっけない態度になってしまったりしていませんか。

なんでもできるA子さんのような人ほど、このような状態におちいってしまいがち。

そして、自分の理想どおりにできないことが自信喪失につながり、つい相手を避けてしまったり、ボロが出ないようにそっけなく接したりと悪循環に。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

思わず背中がゾクッ! めちゃくちゃ怖い男と女の復讐劇【後編】

前回は、イタリア男性が遭遇したとほほなエピソードをお送りしましたが、【後編】では …

男性が思う“パーフェクトな女性”って? 彼の欲求を満たす4つの条件

よく女性は“白馬の王子様”などと理想の相手を例えたりしますが、男性にも理想とする …

知らないうちに彼を傷つけているかも!? “モラハラ彼女”のチェックポイント

不快な言葉で精神的な苦痛を与え、ときに暴力的な言動で相手を傷つけるモラルハラスメ …

スナック大宮「今夜も薄口アドバイス」:あの夏に戻りたい、29歳・慶子

ウーマンエキサイト新連載! 婚活応援ライターの大宮冬洋が、悩めるアラサ—女性の恋 …

それでアピールしているつもり!? わかりづらすぎる男の愛情表現3つ

日本人の男性はやはり「好きだよ」「愛してるよ」とはなかなかいいたくない生き物なの …