婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

今がチャンス! ホントに結婚したいのかわからなくなったあなたへ

 

「知ってた?○○結婚するんだって!」何度となく聞いた、友達が結婚する話。

「へえ〜そうなんだ。お相手はどんな人なんだろうね?」と返事しながら、ふと「アレ? 私、あんまり結婚に興味なくなっているかも…」と思ったことありませんか?

以前は早く結婚したくて合コンにも積極的に行っていたし、友達が結婚すると聞けば内心すごく焦りを感じていたりもした。

でも最近は仕事が忙しくなり合コンに行くヒマもなく、しかも結婚した友達から聞くのはダンナ様の不満や生活面での愚痴が多い…結婚したくないわけではないけれど、なんだか結婚することの意味や意義がわからなくなってきた…という気持ちになること、特にアラサー女子には多いのではと思います。

「そんな気持ちになったら余計結婚できなくなるじゃない! どうしよう」と恐れることはありません。

じつは、結婚に対して「無」の状態である、そういう時こそ自分にとってのベストパートナーと巡り会いやすいのです。

まだ人生経験の浅い若い女性が「結婚したい」と思う時は、少なからずその思いに「他人の目」が反映されていることが多いものです。

「親が早く結婚しろというし」

「友達がみんな結婚して私だけ残ったら寂しいしカッコ悪いし」

「ある程度の年齢になったら、結婚している人のほうが多いし」

「いつまでも一人でいたら、何か性格に問題ありそうだと思われそうだし」

「素敵な男性と結婚してみんなから羨ましがられたいし」

…などなど、「結婚したほうが周りからの自分の評価(価値)が高くなるのだろう」という期待があるのですよね。

1 2 3

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

「彼、もしかして結婚している?」と思ったら、こう聞こう【女30からのシアワセ道 vol.22】

「彼が結婚しているとは知らずに付きあってしまった…」 Martinan &#82 …

男性の興味を喚起するには、情報は「最小限」にとどめるがベスト

「どこに住んでいるんですか?」 「お仕事は何をされているんですか?」 異性からの …

うっかりしているかも…? 「ウザい」と言われた女のエピソード3つ

女友達2人と一緒に、レストランで夕食を取っていた時です。 はす向かいの席はカップ …

イライラしている彼と衝突しないために 心がけたい3つのこと

いつまでも彼と仲良しでいたいなら、円満な関係を築く秘訣を押さえておきましょう。 …

モラハラ男を見分けるためのヒントとなる2つのこと

芸能人の離婚問題などでも話題になった、「モラハラ」という言葉。 もしも今付き合っ …