婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

目を覚まして! 中二病の彼に振り回された人の黒歴史3選

 

「大人だね」と認めてもらえることこそ最高の賛辞であるイタリアの子供たち。女の子は小学生からメイクを覚え、男の子は必死に口説きの練習…という光景を見たことも1回や2回ではありません。

彼の中二病に振り回され、復活した人の黒歴史エピソード3選

(c) VadimGuzhva - Fotolia.com

しかし、そんな「背伸びする姿」がかわいらしくうつるのは、せいぜい中学生くらいまで。

大人になっても「実はすごいオレ様」妄想をこじらせる男性は、イタリアでも「イタい人」扱いです。

しかもそういうタイプほど「オレ色に染めたがる」「キモ台詞のボキャブラリーが妙に豊富」だったりと、面倒くささもパワーアップ…。そんな「イタリア版中二病」の彼に振り回されてもめげずに、復活した女性のエピソードをご紹介します。

1.いい年こいてギャング気取り

とある知人女性の元彼は、突然豹変。当時30代半ばでサラリーマンだった彼は、友だちから借りたヒップホップのMVを見て「目覚めた」そうです。

「だんだんオラついていく私服くらいならまだ許せた」と語る彼女は「ギャングスタ(気取り)なオレ様の隣にいる女=イイ女」とエスカレートする彼の期待にこたえるべく、ダイエット&おしゃれに必死になりました。

その努力が実り、あちこちで男性に声をかけられるモテ期がこのころピークに。

「彼以外は興味ナシだった」そうですが、そんな彼女の努力が砕かれたのは、彼女の誕生日です。

誕生日おめでとう、愛してるよ…ロマンチックなセリフと一緒に渡されたプレゼントの箱には、変なデザインの金色のワンピースとレディ・ガガばりのハイヒール。

彼女は「もう限界」とその場で見切りをつけ、トイレに行くふりをして家に帰りました。

次の日電話で即サヨナラをつげ、少し前に知り合った男性とさっそくデート。

「むなしい日々だったけど、女を磨いておいたことだけはよかったわね」と彼女は語っていました。

1 2 3

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

定番デートに飽きた人必見、面白デートスポット4選

遊園地やショッピング、ドライブデートなど、定番のデートコースに飽きてきたなら、ち …

あなたも使ってない? 男性から「面倒くさい」と思われるアレ

突然ですが、みなさんの周りにいませんか? 異性に質問をされて「どう思います?」「 …

恋愛体質で恋してないと満たされない? 恋多き女は実は「恋愛ごっこ」依存症

不倫、二股など、難のある恋愛をしてしまう人は少なからずいます。ただ、そういう人た …

ピンヒールよりも太ヒール!? 35歳を過ぎたら、オシャレな女性は恋愛から遠ざかる理由

女性も35歳くらいになると、洋服の好みや似合うスタイルが自分でも明確になってくる …

夏の出会いを手にしたいのなら、納涼船に乗ってみよう!

夏季休暇中こそ、新しい出会いを掴むチャンス! 夏ならではの出会いを求めるなら、納 …