婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

目を覚まして! 中二病の彼に振り回された人の黒歴史3選

 

「大人だね」と認めてもらえることこそ最高の賛辞であるイタリアの子供たち。女の子は小学生からメイクを覚え、男の子は必死に口説きの練習…という光景を見たことも1回や2回ではありません。

彼の中二病に振り回され、復活した人の黒歴史エピソード3選

(c) VadimGuzhva - Fotolia.com

しかし、そんな「背伸びする姿」がかわいらしくうつるのは、せいぜい中学生くらいまで。

大人になっても「実はすごいオレ様」妄想をこじらせる男性は、イタリアでも「イタい人」扱いです。

しかもそういうタイプほど「オレ色に染めたがる」「キモ台詞のボキャブラリーが妙に豊富」だったりと、面倒くささもパワーアップ…。そんな「イタリア版中二病」の彼に振り回されてもめげずに、復活した女性のエピソードをご紹介します。

1.いい年こいてギャング気取り

とある知人女性の元彼は、突然豹変。当時30代半ばでサラリーマンだった彼は、友だちから借りたヒップホップのMVを見て「目覚めた」そうです。

「だんだんオラついていく私服くらいならまだ許せた」と語る彼女は「ギャングスタ(気取り)なオレ様の隣にいる女=イイ女」とエスカレートする彼の期待にこたえるべく、ダイエット&おしゃれに必死になりました。

その努力が実り、あちこちで男性に声をかけられるモテ期がこのころピークに。

「彼以外は興味ナシだった」そうですが、そんな彼女の努力が砕かれたのは、彼女の誕生日です。

誕生日おめでとう、愛してるよ…ロマンチックなセリフと一緒に渡されたプレゼントの箱には、変なデザインの金色のワンピースとレディ・ガガばりのハイヒール。

彼女は「もう限界」とその場で見切りをつけ、トイレに行くふりをして家に帰りました。

次の日電話で即サヨナラをつげ、少し前に知り合った男性とさっそくデート。

「むなしい日々だったけど、女を磨いておいたことだけはよかったわね」と彼女は語っていました。

1 2 3

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

それでアピールしているつもり!? わかりづらすぎる男の愛情表現3つ

日本人の男性はやはり「好きだよ」「愛してるよ」とはなかなかいいたくない生き物なの …

煮え切らない彼にプロポーズさせる方法

事実婚でも、入籍したカップルと同等の権利が与えられるイタリアですが、とある事実婚 …

いつも頑固な彼を、自然と甘えさせちゃうテク3つ

大好きな彼女に甘えたいという願望はあるけれど、自分のプライドが邪魔をしてなかなか …

もう限界! プライドを傷つけずに彼にクセを直してもらう方法

彼のことは大好きだけど、彼のある「クセ」がどうしても許せない、という悩みを抱えて …

2組に1組の夫婦がセックスレス? 夫に異変を感じたらチェックしたい原因と対策

世界ナンバー1に位置づけされるほどセックスレスの男女が多い日本。そもそもセックス …