婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

目を覚まして! 中二病の彼に振り回された人の黒歴史3選

 

「大人だね」と認めてもらえることこそ最高の賛辞であるイタリアの子供たち。女の子は小学生からメイクを覚え、男の子は必死に口説きの練習…という光景を見たことも1回や2回ではありません。

彼の中二病に振り回され、復活した人の黒歴史エピソード3選

(c) VadimGuzhva - Fotolia.com

しかし、そんな「背伸びする姿」がかわいらしくうつるのは、せいぜい中学生くらいまで。

大人になっても「実はすごいオレ様」妄想をこじらせる男性は、イタリアでも「イタい人」扱いです。

しかもそういうタイプほど「オレ色に染めたがる」「キモ台詞のボキャブラリーが妙に豊富」だったりと、面倒くささもパワーアップ…。そんな「イタリア版中二病」の彼に振り回されてもめげずに、復活した女性のエピソードをご紹介します。

1.いい年こいてギャング気取り

とある知人女性の元彼は、突然豹変。当時30代半ばでサラリーマンだった彼は、友だちから借りたヒップホップのMVを見て「目覚めた」そうです。

「だんだんオラついていく私服くらいならまだ許せた」と語る彼女は「ギャングスタ(気取り)なオレ様の隣にいる女=イイ女」とエスカレートする彼の期待にこたえるべく、ダイエット&おしゃれに必死になりました。

その努力が実り、あちこちで男性に声をかけられるモテ期がこのころピークに。

「彼以外は興味ナシだった」そうですが、そんな彼女の努力が砕かれたのは、彼女の誕生日です。

誕生日おめでとう、愛してるよ…ロマンチックなセリフと一緒に渡されたプレゼントの箱には、変なデザインの金色のワンピースとレディ・ガガばりのハイヒール。

彼女は「もう限界」とその場で見切りをつけ、トイレに行くふりをして家に帰りました。

次の日電話で即サヨナラをつげ、少し前に知り合った男性とさっそくデート。

「むなしい日々だったけど、女を磨いておいたことだけはよかったわね」と彼女は語っていました。

1 2 3

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

今スグ浴室をチェック! 愛情運を劇的に下げる、あなたの浴室に潜むキケンなもの

バスルームは家の中で最も大量の水を蓄える場所。 水の気が強く、さらにお湯を沸かす …

毒舌キャラな自分は媚びないイイ女、というイタイ勘違い

口が悪くて、失敗する人は意外といます。 コラムニスト・ひかりさんが、厳しくも愛を …

合コンの2次会に! 気になる異性をゲットできるお店選びのポイント

合コンが盛り上がっていざ2次会に突入…というとき、お店選びで迷うこともありますよ …

結婚式&披露宴を成功に導く「テーマ決め」のヒント

自分たちらしい結婚式を実現したいと考える新郎新婦は多いもの。しかし、演出も選択肢 …

あなたの彼、大丈夫? ハイスぺ激務男子の巧みな嘘と本音【前編】

そろそろ夏も近づき、花火に海、フェスにとイベントが待ち遠しいですね。 夏まであと …