婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

思わず背中がゾクッ! めちゃくちゃ怖い男と女の復讐劇【前編】

 

夏の開放感か、街を歩くカップルの密着度が急速に高まっていくここイタリア。

筆者は未だに、目のやり場に困ることがあります。

しかし、別れのシーンでは、彼らの愛情表現が180度ひっくり返り、壮絶な修羅場を迎えることも。

かわいさあまって…という言葉を地で行く場合もあるようです。

ここでは、別の意味で背筋が凍り付きそうな、イタリア流・男と女の復讐ドラマをご紹介します。

(c) milanmarkovic78 – Fotolia.com

1.アップル風味?のチョコレートケーキ

彼女の友だちと浮気していた、とある男性がいます。

浮気の期間が長くなるにつれ、今の彼女は自分と合わないように感じてきたそう。

そんな彼の気持ちの変化を知ってか知らずか、彼女はいつもと変わらない態度でした。

しかし、浮気が始まって2年と少したったある日のことです。

彼女から「チョコレートケーキを作った。

今日は遅くなるので先に食べててね」とメールが入ったそうです。

仕事が終わり家に戻った彼は、夕食の後に冷蔵庫からケーキを取り出してナイフを入れました。

「ずいぶん固かった。チョコレートがけだったから、チョコが固まったせいか? と思った」彼が、かなり力をこめてナイフを刺しいれた瞬間、食べ物ではなさそうな音が聞こえたそうです。

ナイフを差し込んだすきまから見えたのは、銀色と黒の「何か固いもの」。

あわててケーキの生地を取り除くと、彼が先月買ったばかりの最新ノートパソコン(欠けたリンゴでおなじみ)でした。

しかも、液晶部分には浮気の証拠写真が貼られ「くたばれ○○○野郎」という一言つき。彼女へ連絡しても「この番号は使われておりません」というメッセージが流れるのみで、そのまま音信不通となってしまったそうです。

女の怖さを始めて味わった、と彼は語っていました。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

結局はさみしいだけ? 先の見えない恋を続けてしまう女性の特徴

出会った頃の情熱もないけど、別れるのもなんとなくさみしい」と言いながらダラダラつ …

どっぷり浸ってもOK 恋人との別れを“経験”に変える方法

こんにちは、恋愛作家の片瀬です。 結婚を考えていた男性との別れは、とてもつらいも …

女性からプロポーズを成功させる4つのポイント

バリキャリの知人女性と話した時「他の女に絶対取られたくないから、自分からプロポー …

夏休みの帰省前にチェンジ! 彼を親ウケ良く変身させるコツ

彼との交際期間がある程度長くなると、そろそろお互いの両親に紹介し合うタイミング。 …

「あげまん女性」の共通点を知って、自分もカレもハッピーになろう

「あげまん」とは、一緒にいる男性に幸運をもたらしたり、出世させたりする「縁起のよ …