婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

思わず背中がゾクッ! めちゃくちゃ怖い男と女の復讐劇【後編】

 

前回は、イタリア男性が遭遇したとほほなエピソードをお送りしましたが、【後編】では、イタリア女性が体験したリベンジエピソードをお伝えします。

(c) julief514 – Fotolia.com

3.穴をふさがれた愛車

学生のときにモデルをしていただけあって、スタイルも美貌もばつぐんなとある女性がいます。

特定の彼は作らず、自由な恋愛を楽しむ主義だった彼女。

数年前バーで素敵な男性と知りあい、何度か会ううちに、彼からおつき合いを申しこまれました。

しかし「特定の相手は今必要としていない」とかわしていたそうです。

にも関わらずプレゼントやラブレターを送りつける粘着質な彼がうっとおしくなり、彼女は連絡を拒否しました。

そんな彼女がある日、他の男性と出かけるため愛車に乗ろうとしたときのことです。

車のイグニッションにキーが刺さらず、エンジンがかかりませんでした。

「よくよく車を見ると、穴っていう穴が透明なものでふさがれてた」と語る彼女。

車のほぼすべての穴(マフラー以外すべて)が強力接着剤でふさがれ、かなりの金額の修理費を払うことになると知った彼女は、泣く泣く車を買い替えました。

「証拠はないけど、絶対あの彼がやったんだと思う」とグチる彼女でしたが、この経験にこりたのか「今は男性をとっかえひっかえしたりしてないわ。

同じ目に遭いたくないしね」と語っていました。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

何年もつけつづけていない? 古い下着が恋愛運を下げている可能性も

普段使用している下着ってどれくらいの期間で買いかえていますか?「そろそろかな」と …

シェアして伝えよう! 女性があこがれるプロポーズ・告白の名台詞

恋愛ドラマでは、告白やプロポーズシーンがつきもの。現実にはありえないほどすてきな …

「狙った相手を必ず落とす」ために実践したこと

女子会で「魅力ある女性とは」というお題が出たときのことです。知人女性が「真のイイ …

毒舌キャラな自分は媚びないイイ女、というイタイ勘違い

口が悪くて、失敗する人は意外といます。 コラムニスト・ひかりさんが、厳しくも愛を …

既読スルーなんてさせません! 男を胸キュンさせるLINE4パターン

夫婦といえども日ごろのコミュニケーションに手を抜いたらダメ。小さなすれ違いが積み …