婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

日常のなかで運命の人との“出会いの感度”を上げる、魔法の言葉

 

こんにちは、恋愛作家の片瀬です。

最近、恋愛していない人が増えているというニュースがありましたが、恋愛したくないというより「恋愛したいけれど、出会いがない」という理由がとても多いのをご存知ですか?

日常のなかで運命の人との“出会いの感度”を上げる、魔法の言葉

(c)close up of couple with bunch flowers in city – Fotolia.com

昔は、独身者に対して周りが出会いをあっせんしていましたが、いまは自由恋愛が主流になり、自分から出会いを求めに行かなければ、なかなか出会う機会が少なくなりました。

まして、仕事をしていると“仕事と家”の往復になり、出会えるチャンスはさらに減ってしまいます。

とはいえ、本当に出会いがない人ばかりか? と言われると、そうではありません。

出会いがないのは「出会いがない」と決めつけてしまっているからです。

■出会いの食わず嫌いになっていませんか?

恋愛相談を受けたり、私の周りの様子を見ていると、恋愛したくてもできない人は、総じて「出会いがない」と主張します。

その気持ちは、わかります。仕事と家の往復で、まして職種によっては異性と関わることがほとんどない場合、出会いようがありません。

でもちょっと待ってください。

恋愛に発展する出会いにこだわり過ぎていませんか?

例えば、職場に異性がいても「社内恋愛とかいろいろと面倒そうだから…」と毛嫌いしたり、「合コンにはいい人はこない」とテンションを下げていたり、「同窓会とかいまさらなぁ」と欠席したり。

これはまさに、出会いの食わず嫌い状態です!

出会いというのは、恋愛の可能性への入り口であって、恋愛関係を強制しているわけではありません。

もちろん、恋愛に発展する出会いを求めているのだから、効率の悪いことはしたくない! と思う気持ちもわかりますが、いままでの恋を思い出してみてください。

いつも衝撃が走るような出会いをしていましたか? きっと、そんな恋ばかりではなかったはずです。

日常の中にある小さな出会いがきっかけで、恋に発展するもの。

逆にいえば、どんな出会いも“運命になりうる出会い”。

ですから、出会いの食わず嫌いをやめることで、出会いの視野を一気に広めることができます。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

“つまんないヤツ”まっしぐら!? 無趣味な自分を脱出する3つのヒント

平日は仕事で残業、たまに飲みに行くくらい。 休日は友達とショッピングして美味しい …

短気な妻がやってしまいがちな「こじらせ言動」5パターン

仲良し夫婦とギクシャク夫婦の決定的な違いは、奥さんが旦那さんを上手くコントロール …

結婚相手として避けるべき男性を見きわめるポイント【女30からのシアワセ道 vol.16】

オーバー30の女性で、結婚願望がありつつも現在恋人がいない人は、「次に付きあった …

働く初夏のOL向け、色っぽさを演出して意中の彼をドキっとさせよう

外はジメッとした蒸し暑さだけど、オフィスに入れば冷房が効きすぎて寒過ぎるくらい。 …

同棲してはじめて痛感する!? 「価値観の違い」による危機をきりぬける方法

恋愛は一時の我慢をすればいいけれど、いざ同棲や結婚を考えた時、“価値観”について …