婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

スナック大宮「今夜も薄口アドバイス」:プロローグ 39歳・大宮冬洋

 

ウーマンエキサイト新連載! 婚活応援ライターの大宮冬洋が、悩めるアラサ—女性の恋愛相談にお酒を酌み交わしながら“ゆるーく”のっていきます。

知らない相手だからこそ(?)意外と話してしまう深い話、本音…。

辛口のコメントは耳が痛すぎる女性たちに、今夜も薄口のアドバイスを。

どちらが相談役だか分からなくなる、大宮さんのキャラにも注目です。

みなさん、こんばんは。

婚活応援ライターの大宮冬洋です。

いきなり私事で恐縮ですが、僕はいま興奮しています。

本連載の第1回に登場してくれた女性が、好みのタイプ(濃いめの顔立ちの美人。賢くて常識があって「男前」の性格)だからではありませんよ。

大宮冬洋の今夜も薄口〜あなたの恋愛きかせてください〜プロローグ

イラスト/ちゃず

僕は2006年3月からほぼ毎日ブログを更新しています。

で、ずっと利用しているのがエキサイトブログなのです!

IT音痴の僕でも楽に使えるほどユーザーフレンドリーで、サービスも安定していると感じています。

毎日の食事記録を基本にして、ライター仕事の報告をしたり、コラムを書いたりもしてきました。

更新を長期で休んだのは前妻と別居&離婚して心身がボロボロになっていた2ヵ月間ぐらいで、約10年間に渡ってエキサイトが寄り添ってくれたことになります。

もはや人生の伴侶ですよ。

もちろん、ウーマンエキサイトも知っています。

そんなエキサイトから「連載してほしい」との依頼が来た——。

10年前から密かに好きだった女性に逆告白された気分ですよ。

僕は激しい興奮を覚えると同時にある決意をしています。

アラサー女性とのおしゃべりを楽しみ(取材なんですけどね)、彼女たちへの恋愛アドバイスをすることが企画趣旨なのですが、脱線上等でダラダラと文章を書かせてもらおう、と。

尊敬している先輩ライターがこんな話をしていたことを思い出します。

「プロの書き手にはキレとコクが必要だ。残念ながらオレの文章にはキレがない。でも、コクなら少し自信があるよ」と。

文章をビールに例えるところがユニークですよね。

好きな人の言葉や口癖をすぐに真似しちゃう性質がある僕は、「オレの文章にはキレはないけどコクはある」とパクって言い続けてきました。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

男性が「この子と飲みたい!」と思う女の特徴

出会いの場に欠かせないものといえば、やっぱりお酒。 合コンや飲み会などはもちろん …

曖昧な彼との関係に不安なときこそ「○○」は禁句になる

友達以上恋人未満の関係をズルズルと続けていると、早く関係をはっきりさせたいと思い …

恋愛成就する秘訣は、「片思い」のバランス

憧れの彼ともっと近づきたい、この恋を成就させたいと思っている片思い中の女性は、あ …

知らないうちに彼を傷つけているかも!? “モラハラ彼女”のチェックポイント

不快な言葉で精神的な苦痛を与え、ときに暴力的な言動で相手を傷つけるモラルハラスメ …

いいことだと思っていたのに…彼の心が離れていくやってしまいがちなNG行動

長年つきあっている彼氏(もしくは夫)とは友達のような関係。ロマンチックな言葉をか …