婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

そのジム通いもキケンかも 男性がドン引きする自分磨きのパターン3つ

 

向上心が高く、自分磨きを楽しんでいる女性が増えています。

しかし、魅力的な女性が増えているにもかかわらず、恋人がいる若者は増えていないという現実…。

どうして恋愛に発展する人が少ないのでしょうか。

自分磨きで輝く女性、枯れる女性【前編】

(c) Beauty girl outdoors enjoying nature- Fotolia.com

それもそのはず。間違った自分磨きをしてしまうため、男性に愛されない(または、モテない)のです!

正しい自分磨きによって魅力をアップさせ、ステキなパートナーを見つけましょう! 今回は、間違った自分磨きで残念な結果になってしまった女性をご紹介します。

■手段が目的と化した自分磨きはキケン!

ある女性は、スリムな体形を目指し、スポーツクラブへ通うことにしました。

仕事帰りに寄ったり、休日も汗をかいたりと、充実した日々を送っていました。

そんな彼女が半年後…スポーツジムへは行くけれど、マシンに少しだけ乗ったあとはジムのお風呂にのんびりつかり、帰ってくる毎日になってしまったそうです。

スリムな体形を目指していた彼女ですが、残念ながら半年前と変わらず…。

ジムに行くことはスリムになるための“手段”のはずでしたが、いまではジムに行くことが“目的”になってしまったのです。

じつはこのパターン、間違った自分磨きでとても多いのです。

ダラダラと自分磨きが続いている場合、「なぜ自分磨きを始めたのか」をいま一度思い返してみてください。

そして、その手段で目的が達成されているのかも、振り返ってみましょう。

■ドヤ顔のための自分磨きもキケン!

自分磨きは自己アピールにも使えます。しかし、残念なことに多くの男性は「その自分磨きを自慢されても、だからなに…」と言いたくなるのだそう。

たとえば、ワインソムリエの資格を取得した女性は合コンで「このワインは…」と自信満々で話をしはじめ、男性陣は一気にテンションが下がったそうです。

自己アピールのつもりでしょうが、これでは「この資格をとった私すごいでしょ!」とドヤ顔状態になってしまいます。

好きなものがあって、資格を取ろうと決意したときの最初の目的は、“自己アピールの材料”ではないはずです。

あくまでも、自分の魅力をアップさせるための手段にすぎないことをもう一度思い出してくださいね。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

「もしかして、オレの金目当て?」と思わせる女性の特徴

  記念日や節目の日など、カップルにとって特別な日のディナーやプレゼン …

なかなか結婚を決意しない彼からプロポーズを引き出すには【前編】

「自分自身もいい年齢になってきたし、つき合いも長いのに彼がプロポーズしてくれない …

アラサーのあなたへ 焦りを見せてもダメだけど、余裕ぶるのも逆効果

初めて大人の仲間入りをし、お酒が飲めるようになったり時間にも余裕がでてくる20代 …

傘を持っていない人は大器晩成型? 傘から予想できるオトコの器

日本のように多湿な気候ではなく、梅雨もないというここイタリア。ぬれねずみになるほ …

結婚は本当に幸せ? メリットとデメリットを考えてみる

周りの仲間や古くからの友人たちの結婚ラッシュが続くと、「そろそろ私も結婚しないと …