婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

彼の服装がダサいだけで別れるの? 理想と現実のギャップの乗り越え方

 

夜9時を過ぎると、テレビで出会い系サイトのCMが流れはじめる時期になり「ああ、夏だからみんな恋したいのかしら」と、妙なところで季節感を味わえるここイタリア。

考えるより行動で、恋愛がうまくいく「理想の人の作り方」

(c) kichigin19 – Fotolia.com

そのせいか、バーやカフェで「いい男がいない」と不満を漏らす女性グループに出会うと「文句言うヒマがあったら行動しなさいよ」と思わずにはいられません。

自分の理想像と現実のギャップを埋められない女性がいるのは、イタリアでも同じ。

幸せになるためにどうすればいいのか? とシンプルに考えた人ほど、素敵なパートナーに恵まれるケースが多いようです。

ここでは理想と現実のギャップを乗り越えたイタリア女性2人のエピソードをご紹介します。

1.服装や持ち物に無頓着→少しずつ改造

ドライブ中、道に迷ったのが縁で、牧場を営む男性と知り合った知人女性がいます。

デザインの仕事をしている彼女は仕事柄、たくさんの男性と知り合う機会がありましたが、「気に入らない一面を見るとすぐがっかりする。もっといい人がいるんじゃないかと思っちゃう」ため、だれとも長続きしませんでした。

牧場経営者の彼は、「久しぶりにピンときた」人だったそう。

そのわりに気になったのは、“身なりにかまわないところ”でした。

最初のデートのときにも若干残念な服装で来た彼に驚いた彼女でしたが、「いままでと同じ失敗をくり返したくない」と感じ、彼を自分でコーディネートすることに。

けれど、いきなり「センスが悪いから私が決める」とはいえません。

押しつけがましくならないように、外出前にシャワーを浴びる彼がバスルームにこもっているあいだ、彼女は彼のワードローブからなるべくよさそうなものを選び、ベッドに置くようにしたそうです。

面倒くさがりの彼にこの方法がヒットしたそうで、彼女がいないときは電話やメールで「どうしたらいい?」と彼から連絡がくることもあるとか。

いまは少しずつおしゃれの楽しみ方にも目ざめてきたそうで「デートのとき、彼がずっとウィンドーショッピングするから、つき合うのが大変よ」と笑っていました。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

婚活ビギナーにもオススメ! 結婚相談所のパーティーが今熱い

婚活イベントはたくさんありますが、当たりはずれがあるのが現実。男性と問題になって …

愛が強まってストレス解消にもなる?キスがもたらす5つの効果

キスは愛を確かめあう重要なスキンシップ。当たり前の事だと思われているキスが、なぜ …

「一緒にNetflixみよう」はキケン!?  直訳すると危ない英語のお誘い

Netflix(ネットフリックス)、みなさんはもうご存知ですか? オンラインDV …

まともな男は35歳までに結婚している? 高条件の独身男性がなかなか結婚しない理由

ちゃんとした収入もあって、外見も悪くない。それなのにある程度の年齢を過ぎても、独 …

女性に嫌われるけど男性に好かれる女性は、結局誰からも愛されない 【アラサー男の本音100% vol.6】

こんにちは。男目線の恋愛コラムを担当しております、ライターの朽木です。 セクシー …