婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

彼の服装がダサいだけで別れるの? 理想と現実のギャップの乗り越え方

 

夜9時を過ぎると、テレビで出会い系サイトのCMが流れはじめる時期になり「ああ、夏だからみんな恋したいのかしら」と、妙なところで季節感を味わえるここイタリア。

考えるより行動で、恋愛がうまくいく「理想の人の作り方」

(c) kichigin19 – Fotolia.com

そのせいか、バーやカフェで「いい男がいない」と不満を漏らす女性グループに出会うと「文句言うヒマがあったら行動しなさいよ」と思わずにはいられません。

自分の理想像と現実のギャップを埋められない女性がいるのは、イタリアでも同じ。

幸せになるためにどうすればいいのか? とシンプルに考えた人ほど、素敵なパートナーに恵まれるケースが多いようです。

ここでは理想と現実のギャップを乗り越えたイタリア女性2人のエピソードをご紹介します。

1.服装や持ち物に無頓着→少しずつ改造

ドライブ中、道に迷ったのが縁で、牧場を営む男性と知り合った知人女性がいます。

デザインの仕事をしている彼女は仕事柄、たくさんの男性と知り合う機会がありましたが、「気に入らない一面を見るとすぐがっかりする。もっといい人がいるんじゃないかと思っちゃう」ため、だれとも長続きしませんでした。

牧場経営者の彼は、「久しぶりにピンときた」人だったそう。

そのわりに気になったのは、“身なりにかまわないところ”でした。

最初のデートのときにも若干残念な服装で来た彼に驚いた彼女でしたが、「いままでと同じ失敗をくり返したくない」と感じ、彼を自分でコーディネートすることに。

けれど、いきなり「センスが悪いから私が決める」とはいえません。

押しつけがましくならないように、外出前にシャワーを浴びる彼がバスルームにこもっているあいだ、彼女は彼のワードローブからなるべくよさそうなものを選び、ベッドに置くようにしたそうです。

面倒くさがりの彼にこの方法がヒットしたそうで、彼女がいないときは電話やメールで「どうしたらいい?」と彼から連絡がくることもあるとか。

いまは少しずつおしゃれの楽しみ方にも目ざめてきたそうで「デートのとき、彼がずっとウィンドーショッピングするから、つき合うのが大変よ」と笑っていました。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

彼の過去の恋愛は気になるもの? 元カノの影を吹きとばした人が実践したこと

元カノと旅行をしたときの写真をうっかり彼女に見られてしまい、同棲している部屋を追 …

ボディタッチに技あり! 彼をドキドキさせる方法をズバリ教えます

男性の心を掴むためにはボディタッチが有効とよく言われますよね。 お酒の席や気にな …

失敗しない婚活のために知りたい、幸せな結婚の3つの共通点

「しあわせな結婚がしたい!」結婚する人が減っている今でも、そんな思いを持つ女性は …

いつの時代も変わらない! 彼にとって最高の女になるには

こんにちは。Dr.コパです。 昔は弱い、いかにも「守ってあげたい」という女性がモ …

見てられないほどイタい! みんなに嫌われる“カン違いサバサバ女子”の特徴

重い女性や尽くす女性は、「かかわると面倒くさそう」というイメージがあり、男性から …