婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

スナック大宮「今夜も薄口アドバイス」:あの夏に戻りたい、29歳・慶子

 

ウーマンエキサイト新連載! 婚活応援ライターの大宮冬洋が、悩めるアラサ—女性の恋愛相談にお酒を酌み交わしながら“ゆるーく”のっていきます。

知らない相手だからこそ(?)意外と話してしまう深い話、本音…。辛口コメントは耳が痛すぎる女性たちに、今夜も薄口アドバイスを。どちらが相談役だか分からなくなる、大宮さんのキャラにも注目です。

みなさん、こんばんは。婚活応援ライターの大宮冬洋です。先日、女友達とランチをしました。一人は既婚子ありの38歳。もう一人は独身彼氏なしの40代です。

職場の人間関係などを少し聞いた後、僕が「婚活応援ライター」を称している話になったのです。彼女たちの反応は、「婚活って言葉はもう古いと思う」でした。

結婚を就職と同じようなゴールと位置付けてあれこれと活動することは、彼女たちの生活実感とかけ離れているようです。パートナーがいなくても楽しく生きていく道筋を探しているのかもしれません。

ちなみに、既婚女性のほうが「一人になりたい。自由な時間がほしい」と真顔で何度もこぼしていたのが印象的でした。

親しい人の意見からすぐに影響を受けてしまう僕は、「婚活という便利な言葉を使うのはやめようかな」と思ったりしています。コンカツという語感からして肩に力が入ってしまいますからね。

もっと自然体に、朗らかに異性との出会うほうが人生を豊かにしますよね。結婚を前提としない大人の恋愛も取材してみようかな……。

■今回は広告代理店勤務の29歳の女性です!

さて、今回登場してくれるのは広告代理店に勤務する阿部慶子さん(仮名、29歳)です。飲み好きの担当編集N氏が缶ビールやおつまみを大量に用意し、エキサイト本社の社内カフェで仕事帰りの慶子さんを待ち構えました。

イラスト/ちゃず

夜7時過ぎ、笑顔で現れた慶子さんはよく日焼けして、健康的な印象の女性です。聞けば、学生時代からマリンスポーツに親しんでいる体育会系とのこと。仕事でもないのに腰が低く、ちゃんと名刺を渡そうとする姿から「社会人力」の高さを感じました。

都内の有名私立大学を卒業して以来、夜遅くまで忙しく働いている慶子さん。会合の趣旨もすぐに理解して立ち振る舞える如才なさも身に着けた女性です。

僕が緊張してモジモジしていると、いきなり本題に入ってくれました。助かるなあ。

1 2 3 4

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

どっぷり浸ってもOK 恋人との別れを“経験”に変える方法

こんにちは、恋愛作家の片瀬です。 結婚を考えていた男性との別れは、とてもつらいも …

「仕事が落ち着いたら連絡する」は、モテたいだけな思わせぶり男の常套句!

相手の思わせぶりな態度に期待して、ズルズルと片思いを続けてしまう人がいます。そん …

メールは朝送るべし!? カレとの距離を縮めて、社内遠距離恋愛を実らせよう

こんにちは、恋愛作家の片瀬萩乃です。 bokan – Fotolia …

婚活ビギナーにもオススメ! 結婚相談所のパーティーが今熱い

婚活イベントはたくさんありますが、当たりはずれがあるのが現実。男性と問題になって …

友達とくらべない“私らしい恋愛”をするために実践したい3つのコト

私をふくむ周りのアラサー女性。 この年齢になると、突然、結婚したり出産したり転職 …