婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

つきあう男性を絞りきれない女性が急増「この人でいいの?」の解決策

 


アラサーの私たち。「結婚したい」「子どもがほしい」「既婚の友だちがうらやましい」と、婚活にも力が入る女性が多くなります。

合コンに街コンなど、とにかく出会いを求め、自分から積極的に行動範囲を広げていくのはとてもいいことですよね。

(c) shefkate – Fotolia.com

つきあう男性を絞りきれない女性が急増 「この人でいいの?」の解決策

■結婚のために出会いを増やすと、逆にひとりに絞れなくなるという悩み

しかし一方、「男性をひとりに絞れない」と悩みを打ち明けてきた独身の友だちがいました。

「ひとりの男性としっかり向きあっておつきあいをし、結婚をしたい!」とは思っているものの、出会った男性すべてと連絡を取り、誘われるがままに食事に行き、次回の約束をしてしまう。

しかもこの現象は彼女だけではなく、彼女の友だちのあいだでも日常生活において普通にあることだというのです。

「誰がいいのかわからない。みんなピンとこないし、ここまで多くの人と出会うと、そもそも「ピン」が何なのかわからない」

「自分から好きになれると思った人に決めたいが、ひとりになることへの不安が勝ってしまい、複数の人と同時に連絡を取ってしまう」

恋愛・結婚に対して慎重になるがゆえに陥るこの状況。どうしてこのようなことになってしまったのでしょうか。そして、その解決策はあるのか、考えてみました。

1 2 3

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

男の魅力は毛で決まる!? イタリア女性の理想はワイルド・イズ・ベスト!

美と芸術の国、イタリア。「モードの国」の名に恥じず、男女とも美意識が高い人が多い …

モテる女子は食べることが好き、と考える4つの理由

早くに結婚した女友だちや、彼が途切れない女友だちの共通点は何だろうと考えていたら …

男が求めるアラサー女性の “ちょうどいい” バランスとは?

必ずしも男は若い女性に弱いかというと、実はそうでもありません。バランスのとれた“ …

自分を責めないで 転職先でうまくやっていく方法【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える …

国際結婚ママが語る、外国人男性を射止める女性の特徴

街を歩いていると、ドイツ人の父親似で洋風の顔立ちの息子を見て、「わ〜、かわいい! …