婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

ズルズルと付き合い続けるのはNG! 別れのシーンで後悔しないコツ

    2015/09/24

インターネットの恋愛相談サイトで、「自分からサヨナラするのと、ふられるのとどっちがイヤですか?」というアンケートがありました。

一緒に見ていた女友だちの「私だったら、サヨナラするほうがイヤだな」と、イタリア人女性らしからぬ発言にびっくり。

ふられるほうが未練残らない? と聞いてみたところ「こういうことは、言い出しっぺが悪者にされがち。後味悪いからイヤ」という答えが…。

ズルズルと付き合い続けるのはNG! 別れのシーンで後悔しないコツ

(c) teksomolika – Fotolia.com

ハンタータイプだと思っていた彼女のイメージが少し変わったのを覚えています。

恋愛に多少の強引さは必要…とばかりに、なりふりかまわずつっ走る女性も多いここイタリア。

別れのときに暴走し「こんなはずでは」と後悔するパターンは少なくありません。ここでは、そんな彼女たちのエピソードをまじえて「別れて後悔しないためのコツ」をご紹介します。

■浮気心は失敗の元

とある知人女性が女友だちと旅行へ行ったときのことです。

遠距離恋愛をしている知人の女友だちは、最終日に彼女を自分の彼に引き合わせました。3人で話がはずんだまではよかったのですが、問題はその後でした。

「友だちの彼に連絡先を書いたメモを渡したの」と語る彼女。5年ほどつきあっていた自分の彼が「一緒にいてもおもしろくなくなってきた」ところへ、なんとなく友だちの彼が気になったとか。

SNSから始まり、相手に直接電話をかけるようになった彼女は、自分の彼と別れて友だちの彼にアタックすることを決意。彼と電話でサヨナラした後すぐに、友だちの彼に会いに行きました。

ところが、向こうのテンションは「彼女の友だち」止まりで、彼女が入り込む余地はなかったそう。

帰りの電車の中ではがっかりしてばかりで、「バカな自分にあきれた。彼をふったことを後悔しっぱなしよ」と苦笑いの彼女でした。

ラブラブな時期が終わり、お互いの存在に慣れてくると次は「この人は本当にベストパートナーなの?」と考えることがあります。

そんなとき、つい他の人に目が行くことも。

相手に不満があるならともかく、デキ心で別れるのは後悔のタネになりがち。「相手に慣れた=飽きた」ではなく、それまで共有した時間の長さに目を向け、踏みとどまりましょう。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

付き合っていないのに、Hを求められたとき、どうしたらいい?

彼女にしてくれないのに、男性からHを求められる人は、意外といます。でも、そのとき …

ほんとに面倒! でも… 彼氏の機嫌が悪いとき試してみたいこと

なぜか急に彼氏が不機嫌になり、対処に困った…という経験を持つ女性は多いことでしょ …

「お酒好き」なら試してみて! 条件の良い彼の見つけ方

「お酒が好き」という趣味を活かして、それを出逢いに繋げてみませんか? 合コンや婚 …

もう限界! プライドを傷つけずに彼にクセを直してもらう方法

彼のことは大好きだけど、彼のある「クセ」がどうしても許せない、という悩みを抱えて …

週4回の連絡は過剰!? 彼から「しつこい女」認定されない連絡頻度とは

メールやLINE、電話など。お付きあいをしている彼と、どのくらいの頻度で連絡を取 …