婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

何なのこの人!? イラっとするツンデレ男子の取扱説明書

    2015/10/05

メイクの仕事をしている彼を持つ知人女性が「彼に振り回され気味で疲れた。もう別れようかな」と飲み会でグチっていました。

(c) konradbak – Fotolia.com

仕事柄? プライベートを“詮索されたくない主義”のその彼は「うわさになりたくない」という理由で、彼女への態度が人前だと他人行儀になるのを私も見たことがありました。

ふたりでいるときはラブラブだそうですが「『私、彼の彼女なのよ』と自慢したいわけじゃないけれど、名前だけパートナーで中身が伴ってない」とこぼす彼女を、その場の全員でひたすらなだめたのを覚えています。

イタリアでツンデレ彼氏はそう多くありませんが、振り回されて大変な思いをする人の話を聞くこともチラホラ。

そんな面倒くさい相手を「ハイハイ」といなす、イタリア女性のコミュニケーションスキルの高さには驚かされることがあります。

ここでは、そんな彼女たちから学んだ「ツンデレ男子に振り回されないコツ」をご紹介します。

1.彼の言葉をさらっと受け流す

頭が切れ、投資コンサルタントとして働いている彼を持つ知人女性がいます。

つきあう前に友だちとしての時期がしばらくあり、その間彼の派手な恋愛遍歴を聞いたことがある手前「この人とつきあうのはなしかも」と彼女は多少距離を置いていました。

しかし彼が家族を亡くしたことがきっかけで一番近くにいるようになり、おつきあいが始まったのですが「彼は外だと、ふたりでいても『冷静な人』というクールなイメージを貫く。でもふたりっきりのときは真逆」と彼の二面性に戸惑うことが多かったとか。

「彼は女性遍歴が派手に見えるけど、実は逆で、二面性についていけない元カノたちから捨てられているのでは?」と感じた彼女は、外にいるとき彼への態度を「ただ受け流す」だけにとどめてみたそうです。

彼女が実践したのは「彼のツンツンした言葉や、そっけない態度に動じないようにしたの。

リアクションは『ふーん、そうなんだ』『それでどうなったの?』程度にして受け流す」ことのみ。

ふたりで彼の家にいるような時でも実践したところ、しばらくして彼が急変しました。

いまでは「僕のことを愛しているかい?」としょっちゅう聞かれるようになり、外にいる時も左腕を彼女にあずけっぱなしだそうです。

本当は強がってるだけだった…と彼女は笑っていました。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

スタンプを使うと非モテになる!? 男に嫌われるLINEの使い方4つ

長い文章より短い文章のほうが書くのがむずかしいと言います。たとえば歌の歌詞、簡単 …

男性が思わずオッケーしたくなる告白のセリフはコレだった!

怖さをさらけ出して告白する。 「あなた好き、私と付き合ってください」とやや高圧的 …

煮え切らない彼にプロポーズさせる方法

事実婚でも、入籍したカップルと同等の権利が与えられるイタリアですが、とある事実婚 …

男性から長く愛される、「大人可愛い」女性の定義とは?

好きな人から可愛いと思われたい、長く愛されたいというのは、どの女性にも共通して言 …

いいことだと思っていたのに…彼の心が離れていくやってしまいがちなNG行動

長年つきあっている彼氏(もしくは夫)とは友達のような関係。ロマンチックな言葉をか …