婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

何なのこの人!? イラっとするツンデレ男子の取扱説明書

    2015/10/05

メイクの仕事をしている彼を持つ知人女性が「彼に振り回され気味で疲れた。もう別れようかな」と飲み会でグチっていました。

(c) konradbak – Fotolia.com

仕事柄? プライベートを“詮索されたくない主義”のその彼は「うわさになりたくない」という理由で、彼女への態度が人前だと他人行儀になるのを私も見たことがありました。

ふたりでいるときはラブラブだそうですが「『私、彼の彼女なのよ』と自慢したいわけじゃないけれど、名前だけパートナーで中身が伴ってない」とこぼす彼女を、その場の全員でひたすらなだめたのを覚えています。

イタリアでツンデレ彼氏はそう多くありませんが、振り回されて大変な思いをする人の話を聞くこともチラホラ。

そんな面倒くさい相手を「ハイハイ」といなす、イタリア女性のコミュニケーションスキルの高さには驚かされることがあります。

ここでは、そんな彼女たちから学んだ「ツンデレ男子に振り回されないコツ」をご紹介します。

1.彼の言葉をさらっと受け流す

頭が切れ、投資コンサルタントとして働いている彼を持つ知人女性がいます。

つきあう前に友だちとしての時期がしばらくあり、その間彼の派手な恋愛遍歴を聞いたことがある手前「この人とつきあうのはなしかも」と彼女は多少距離を置いていました。

しかし彼が家族を亡くしたことがきっかけで一番近くにいるようになり、おつきあいが始まったのですが「彼は外だと、ふたりでいても『冷静な人』というクールなイメージを貫く。でもふたりっきりのときは真逆」と彼の二面性に戸惑うことが多かったとか。

「彼は女性遍歴が派手に見えるけど、実は逆で、二面性についていけない元カノたちから捨てられているのでは?」と感じた彼女は、外にいるとき彼への態度を「ただ受け流す」だけにとどめてみたそうです。

彼女が実践したのは「彼のツンツンした言葉や、そっけない態度に動じないようにしたの。

リアクションは『ふーん、そうなんだ』『それでどうなったの?』程度にして受け流す」ことのみ。

ふたりで彼の家にいるような時でも実践したところ、しばらくして彼が急変しました。

いまでは「僕のことを愛しているかい?」としょっちゅう聞かれるようになり、外にいる時も左腕を彼女にあずけっぱなしだそうです。

本当は強がってるだけだった…と彼女は笑っていました。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

キス動画をシェアするミクチャ文化って何だ!? 【アラサー男性の喫煙所トーク vol.2】

男性の本音って、どこで聞けると思いますか? 異性の正直な意見は気になるものの、恋 …

スナック大宮「今夜も薄口アドバイス」:プロローグ 39歳・大宮冬洋

ウーマンエキサイト新連載! 婚活応援ライターの大宮冬洋が、悩めるアラサ—女性の恋 …

「彼と別れた方がいい」と言われた時のあなたの気持ちが答え 【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門が相談に答える「凍えた …

なつかしい『りぼん』の胸キュン漫画4つ

結婚式のお呼ばれラッシュの波もひととおり経験した。笑顔で拍手を送りつつも、さて自 …

女性に嫌われるけど男性に好かれる女性は、結局誰からも愛されない 【アラサー男の本音100% vol.6】

こんにちは。男目線の恋愛コラムを担当しております、ライターの朽木です。 セクシー …