婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

男性が快適に感じる「尽くす」と「尽くしすぎる」の境界線 【女30からのシアワセ道 vol.8】

    2015/10/12

「これだけのことをしたのに、どうして彼に振られてしまったのでしょうか。愛情表現をすることは悪いことなのでしょうか。これからどうやって人を愛せばいいのかわかりません」

男性が快適に感じる「尽くす」と「尽くしすぎる」の境界線 【女30からのシアワセ道 vol.8】

(c)Andrej Korzhycz – Fotolia.com

寄せられる恋愛相談では、こういった女性の悲痛な叫びが寄せられることが珍しくありません。

「君といると自分がダメになる」という理由で、恋人に去られてしまうのです。いわゆる「尽くしすぎ」です。

では、「尽くす」ことと「尽くしすぎる」ことの違いとは何でしょうか。

■「尽くしすぎ」でモラハラになるケースも

「尽くす」とは、「精を出す」「夢中になる」「ある限り出す」という意味です。

この字面を見ただけで、惜しみなく相手に愛情を注いでいることがわかります。

それなのに「すぎる」まで尽くしてしまうと、相手にとっては負担になるだけ。尽くしすぎるほど尽くされるほど、自分は同じ分量だけ返せないと感じてしまうからです。

また、されることに慣れて甘えが日常化し、ダメ男に成り下がってしまうケースもあります。

ですが、じつはこの手の相談、とても多いのも事実。別れを切り出されるケースもあれば、彼に従うことが2人のルールとして固定し、それがモラハラにつながっているカップルもいます。

「尽くしすぎる」ことは、どちらも幸せにはなれないのです。

ですから、「尽くしすぎてしまう」ことに心当たりがある女性は、以下を参考に自分の中で上手にバランスを取ってみてはいかがでしょうか。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

それって自分かも!? 30代で婚期を逃す人の特徴

あっという間に20代が過ぎ、気づけばアラサー。30代で不意に感じる“結婚”への焦 …

男友だちとの関係を一歩先に進ませたい!

好きになってしまった男友だちとの微妙な距離感に悩む女性は少なくありません。コラム …

“ほどよい生活感”がカギ? 男性が本当に結婚を意識する女性の特徴

「結婚するなら家庭的な女性がいい」という男性は多いもの。結婚相手として意識される …

まともな男は35歳までに結婚している? 高条件の独身男性がなかなか結婚しない理由

ちゃんとした収入もあって、外見も悪くない。それなのにある程度の年齢を過ぎても、独 …

あなたの彼、大丈夫? ハイスぺ激務男子の巧みな嘘と本音【前編】

そろそろ夏も近づき、花火に海、フェスにとイベントが待ち遠しいですね。 夏まであと …