婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

男性が快適に感じる「尽くす」と「尽くしすぎる」の境界線 【女30からのシアワセ道 vol.8】

    2015/10/12

「これだけのことをしたのに、どうして彼に振られてしまったのでしょうか。愛情表現をすることは悪いことなのでしょうか。これからどうやって人を愛せばいいのかわかりません」

男性が快適に感じる「尽くす」と「尽くしすぎる」の境界線 【女30からのシアワセ道 vol.8】

(c)Andrej Korzhycz – Fotolia.com

寄せられる恋愛相談では、こういった女性の悲痛な叫びが寄せられることが珍しくありません。

「君といると自分がダメになる」という理由で、恋人に去られてしまうのです。いわゆる「尽くしすぎ」です。

では、「尽くす」ことと「尽くしすぎる」ことの違いとは何でしょうか。

■「尽くしすぎ」でモラハラになるケースも

「尽くす」とは、「精を出す」「夢中になる」「ある限り出す」という意味です。

この字面を見ただけで、惜しみなく相手に愛情を注いでいることがわかります。

それなのに「すぎる」まで尽くしてしまうと、相手にとっては負担になるだけ。尽くしすぎるほど尽くされるほど、自分は同じ分量だけ返せないと感じてしまうからです。

また、されることに慣れて甘えが日常化し、ダメ男に成り下がってしまうケースもあります。

ですが、じつはこの手の相談、とても多いのも事実。別れを切り出されるケースもあれば、彼に従うことが2人のルールとして固定し、それがモラハラにつながっているカップルもいます。

「尽くしすぎる」ことは、どちらも幸せにはなれないのです。

ですから、「尽くしすぎてしまう」ことに心当たりがある女性は、以下を参考に自分の中で上手にバランスを取ってみてはいかがでしょうか。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

泥沼にはまらないためにも 既婚男性の「ウソ」を見抜く4つのチェック項目

新年早々、芸能ニュースはいろいろな話題で盛りあがっていましたね。とくにベッキーの …

どうして急に? 男性の「冷たい態度」に隠された本音3パターン

最近なんだか冷たい彼。自分に思い当たる理由がないゆえにその態度が気になってしまう …

結婚について、どう思っている?【妙齢男子のホンネ、聞きだしちゃいました! vol.1】

男ばかりの飲み会に連日呼ばれるものの、気持ちいいくらい何も起きない残念な日々を送 …

「信じる」魔法で世界から優しくされ、きっとパートナーもみつかる 【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー・心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える …

いいことだと思っていたのに…彼の心が離れていくやってしまいがちなNG行動

長年つきあっている彼氏(もしくは夫)とは友達のような関係。ロマンチックな言葉をか …