婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

本当に助かる? 家事を「手伝う」という男性の実態

 

このご時世ではよく聞く「イクメン」や「主夫」というワード。

かつて「女性は結婚をしたら家に入り専業主婦になる」という考えが浸透していました。しかし最近では男性も育児に積極的になり、家事を分担するようになった時代の変化がわかります。

(c) iordani – Fotolia.com

しかしそんな中、ちょっと気になることがあるのです。

それは男性の心の持ち方。

先日、飲み会の場で男性陣が家事や育児に対して熱弁しているのを聞いていました。

すると「結婚して子供ができたら男は育児を手伝うべき!」「家事とかも積極的に手伝うよ」など、彼らの「男のあるべき理想論」が繰り出され、一見それは「いい男」だと感じられるやりとりでした。

けれど彼らの「手伝う」と言う単語に、どうもイラっとしてしまいました。

そもそも家事・育児を「手伝う」と言っている時点で女性が“主体”になっていると思いませんか?

本当に家事・育児が自分のするべき仕事と思っていたなら「手伝う」ではなく「する」になるでしょう。

ひねくれものだと思われてしまうかもしれませんが「手伝う」ということ自体、私は「ひとごとなんだな」と思ってしまうのです。

「手伝う」レベルの心構えですから、その内容も女性にとっては物足りないことも多々あるようです。

実際周りの友人から聞いた一部ご紹介します。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

独身!? 彼女はいるの!? 取引先の気になるカレとお近づきになる方法

こんにちは、恋愛作家の片瀬萩乃です。 Robert Kneschke &#821 …

彼の顔色を伺いすぎてない? 本心をブツけた方が関係が好転するワケ

いつまでも彼との関係が続くように…というのは、どのカップルにも共通している願いだ …

マリッジブルーを乗り越えて、ふたりの絆を深める秘訣

友人カップルと立ち寄ったバーでのことです。 店内のTVで「10代でデキ婚するカッ …

二人の関係に先はある? ない? 悩んだときにチェックすべきこと

イタリアでも、インターネット上の恋愛相談掲示板はとても人気があります。 「好きな …

時間薬と一緒に始められる! 失恋の傷を癒す方法3つ

なじみのバーで知りあった20代後半の知人女性がいます。 しばらく見ないなと思って …