婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

本当に助かる? 家事を「手伝う」という男性の実態

 

このご時世ではよく聞く「イクメン」や「主夫」というワード。

かつて「女性は結婚をしたら家に入り専業主婦になる」という考えが浸透していました。しかし最近では男性も育児に積極的になり、家事を分担するようになった時代の変化がわかります。

(c) iordani – Fotolia.com

しかしそんな中、ちょっと気になることがあるのです。

それは男性の心の持ち方。

先日、飲み会の場で男性陣が家事や育児に対して熱弁しているのを聞いていました。

すると「結婚して子供ができたら男は育児を手伝うべき!」「家事とかも積極的に手伝うよ」など、彼らの「男のあるべき理想論」が繰り出され、一見それは「いい男」だと感じられるやりとりでした。

けれど彼らの「手伝う」と言う単語に、どうもイラっとしてしまいました。

そもそも家事・育児を「手伝う」と言っている時点で女性が“主体”になっていると思いませんか?

本当に家事・育児が自分のするべき仕事と思っていたなら「手伝う」ではなく「する」になるでしょう。

ひねくれものだと思われてしまうかもしれませんが「手伝う」ということ自体、私は「ひとごとなんだな」と思ってしまうのです。

「手伝う」レベルの心構えですから、その内容も女性にとっては物足りないことも多々あるようです。

実際周りの友人から聞いた一部ご紹介します。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

彼の本能を刺激! 魅惑的な女になる3つの方法

男性は、本能的に追いかけるより追いかけられたい生き物。とはいえ最近では恋愛に消極 …

卒業前に、男友だちに告白したほうがいい?

もうすぐ卒業式。好きな人と会えなくなる前に、自分の気持ちを伝えるべきか悩んでいる …

指摘するのは逆効果!? 彼の悪いクセを直した女性が実践したこと

多かれ少なかれ、誰にでもクセはあるもの。しかし、それが人生や生活、人間関係に悪い …

いつまでも被害者でいるのはNG 彼の浮気を水に流して関係を修復するコツ

夫の浮気が原因で夫婦仲が悪化した知人女性がいます。一度離婚調停にまで持ちこんだも …

女性に嫌われるけど男性に好かれる女性は、結局誰からも愛されない 【アラサー男の本音100% vol.6】

こんにちは。男目線の恋愛コラムを担当しております、ライターの朽木です。 セクシー …