婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

オラオラ系にキュンと来ちゃう女子必見 その彼、生涯のパートナーにできる?

 

「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」が一致しなくて、なかなか恋愛ができない女性は少なくありません。でも、そこには色々な原因があるようです。コラムニスト・ひかりさんが恋愛に悩む女性にアドバイスをします。

(c)Peter Atkins – Fotolia.com

■雑に扱う男性に惹かれてしまう(Yさん・38歳)

いつも好きになるのは、自分のことをちょっと雑に扱う人なんです。一緒にいるとワクワクして楽しいし、なんでも話せるタイプに惹かれます。

逆に、好かれるタイプは、私のことを気遣ってくれ、一般的に言う“いい人”。でも、私はどうしても、そんなタイプの人を好きになれません。

何においても気を遣うから、楽しくないというか。さらに言ってしまうと、相手の好意が分かったときに「気持ち悪い」とすら思ってしまうこともあります。

いつかは生涯のパートナーがほしいと思う一方、こんな調子だからもう無理だ、と半ば諦めています。どうしたらいいでしょうか?

■Yさんへの回答

この場合、いくつかのパターンが考えられます。

例えば、男性の多くは、好きな女性に対しては気を遣い、優しくなるもの。

もし追いかけていた相手が、Yさんのことを好きになって、気を遣うようになったら、Yさんは彼のことを好きではなくなってしまいますか?

もし、好きでなくなる場合は、Yさんが“恋のハンター気質”なのかもしれません。

つまり、別に相手を愛しているわけではなく、追いかけているのが楽しいだけ、だったり。その場合は、飽きるまで“恋のハンターごっこ”を続けるしかないかもしれません。

逆に、追いかけていた相手が優しくなっても素直に喜べるのであれば、Yさん自身は男性の好みについて「雑に扱う人」は好みだけど「気遣う人」苦手だと分析していますが、実際は、単に「話が合う、魅力ある人」は好きだけど「話が合わない、つまらない人」は嫌い、というだけのことかもしれません。

誰だって、一緒にいてワクワクするほど楽しい人は好きです。

ただ、そういう魅力的な人はモテる分、女性を雑に扱う人もいるかもしれません。

その場合は、自分がそういうモテる人に好かれるだけの魅力を持つしかないでしょうね。

さらに、違うパターンで言えば、Yさんが“ドM気質”なら、今までの話は全く見当違いです。

その場合は、そういう性(さが)だと思うしかありません。“ドSな人”を探しましょう!(笑)

ただ、Sは、「サディステックのS」だけではなく、「サービスのS」と言われていて、本物のS気質の人は、実は「Mの人がどうしたらイヤと言いながら、喜ぶのかを知っていてサービスする」なんてことも言われるものです。そういう人なら、愛情を込めて淡泊な態度をとってくれるでしょう。

だから、中途半端なS気質の人ではなんく、“本物のドS気質”の人を探してみてはいかがでしょうか?

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

興味のない相手でも、とりあえずデートしてみるべき3つの理由

先日友人にこんなことを言われました。 「30歳を過ぎると、初対面でステキ! 絶対 …

独身女性が不倫を辞めたくなる既婚男性の本音【後編】

前回は「独身女性が不倫を辞めたくなる既婚男性の本音」について、 ■男性が不倫をす …

もう限界! プライドを傷つけずに彼にクセを直してもらう方法

彼のことは大好きだけど、彼のある「クセ」がどうしても許せない、という悩みを抱えて …

地下鉄で鼻血をだしながら…変な出会いが恋に変わった3つのエピソード

夏の週末ともなると、夜の野外イベントが数多く催され、街は深夜2時3時までにぎやか …

じつは見られている オフィスでの行動が恋愛を遠ざけているのかも!?

「出会いがない」といはいうけれど、日常のなかにも少なからず出会いは潜んでいるもの …