婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

距離感に注意して、男友だちにアドバイスを求めるときのポイント

 

彼の同僚女性に彼を奪われてしまった…と、知人女性が女子会で嘆いていました。

なんでも「彼氏とうまくいっていない」とその同僚が彼に恋愛相談をしていたそうなのです。

周りの女性陣は同情ムードで「タチ悪いわね」と批判の嵐。

この手の女性は日本だと「相談女」と呼ばれますが、イタリア版相談女はさらに手強そうだな〜と感じたのを覚えています。

(c) Bart?omiej Szewczyk – Fotolia.com

基本的にイタリアの女性は、お互いに迷惑がかからないよう、異性の友だちとはきちんと線引きした上でアドバイスを求めることがほとんどです。

「女性目線とはまた違ったところからアドバイスをくれる異性の友だち=貴重」と心得ている人は、どのように異性の友だちと付き合っているのでしょうか?

ここでは、「異性の友だちにアドバイスを求めるときのコツ」についてご紹介します。

■会うときは複数で、早めに切り上げる

夫としっくりいっていなかった知人女性は、幼なじみの男友だちに相談することが一番多かったといいます。

「5歳で知り合って、学校もずっと同じだから一緒に育ったようなものね。彼の意見やダメ出しは一番、的を得ているから参考になるのよ」と言う彼女。

「絶対2人で会わない。会うときは必ず複数人で」を守ることで、不要なトラブルに巻きこまれることを防ぐのだそうです。

彼の奥さんにも同席してもらうことが多く、彼女が気づかなかったポイントを指摘してくれて助けられた、と彼女。

「そういうときはおうちディナーを兼ねていたから、ディナーで集中して相談していた。ディナーが終わって、後片づけを手伝ったあと1時間くらいで退散するようにしていたわ」と、早めに切り上げるのを心がけ、いままでトラブルになったことは一度もないとのこと。

「彼のアドバイス通り夫に接したら、新婚のときのような関係に戻れた。本当に感謝しているわ」とほっとした様子でした。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

今の恋を最後の恋にするために、彼に「離したくない女」と思わせるコツ

いつまでも彼と一緒にいたい、次の恋愛こそ最後にしたいという願望を叶えるためには、 …

幸せのカギを握るのは“励まし上手”な女!? 男が彼女にほれなおすひとこと

彼が落ちこんだときや、なんだか元気がないなと気づいたら、どんな言葉をかけています …

まちがった“結婚相手選び”をしないためにチェックすること【女30からのシアワセ道 vol.17】

「できる限り早く結婚したい」と考えているオーバー30の女性は、時間がないと焦って …

遠距離恋愛中で寂しい。彼の心まで離れさせないでいるためには?

会いたくてもなかなか会えない、遠距離恋愛中の人は悩みの種が尽きませんよね。 今何 …

振られる原因は、「独占欲と嫉妬心」 自分に自信を持つ方法

よく理解してくれる人、大切な人、好きな人など、自分にとってかけがえのない存在は特 …