婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

ピンチをチャンスに 不幸体質から抜けだした人がした4つのこと

    2015/11/07

不倫を2年ほど続けている知人女性がいます。切ない気持ちや罪悪感などの“恋愛語り”がはじまると、友人たちは「いいかげんにしたら!?」と、若干あきれ気味に。

Eugenio Marongiu – Fotolia.com

イタリアでも「いつも恋愛がうまくいかない…」と悩む人は少なくありません。なかでも、同じような失敗をくりかえすタイプの女性は“悲劇のヒロイン=私”というポジションが好きな人にしか見えず、裏では“イタい人”認定をされていることも。

ここでは、そんな“困ったちゃん”から卒業したひとりの女性が、どのように幸せをつかんだのかをお伝えします。

1.離れていく友人たちを見て我にかえる

2年半お付きあいがつづいたヤキモチ焼きのカレと別れた友人。付きあっていたころは、周りから「あの人はあなたに合ってない」と忠告されっぱなしだったそうです。

しかし、彼のヤキモチを“愛情のバロメーター”と思いこみ、友人たちの意見はシャットアウト。「彼の仕事を手伝っていたし、仕事もプライベートも順調だと思いこんでいたの」と語る彼女ですが、友人が離れていくことに違和感をおぼえたのがきっかけで、別れを決意したそう。

そのときに「ダメな恋愛に首までつかった自分に気づくことができた」といいます。誰しも、恋愛病の真っただなかでは、自分も周りも見えないことが多いもの。別れてひとりになったときこそ「何をやってるんだろう…」と我にかえる機会がめぐってくるようです。

1 2 3

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

コツは結婚への理想を明確にもつこと。運命の人とめぐり会うための、ふたつのリスト【前編】

こんにちは、恋愛作家の片瀬です。 ある程度の年齢になると、結婚をのぞむ女性たちと …

男性に「いままでの女性のなかで一番好き」と言わせたければ、とるべき行動

恋人の過去の恋愛に嫉妬してしまう人は意外といるものです。 コラムニスト・ひかりさ …

「女子」という言葉の違和感、「女」である自覚をもつ重要性 【女30からのシアワセ道 vol.3】

女子会、女子力、働き女子、オトナ女子…。 マスコミが提唱したことにより、最近では …

長年付き合った恋人と別れても、今の自分に合う人と出会える

別れた相手が忘れられない、ってありますよね。 特に長年続いた関係ならなおのこと。 …

彼とまったり過ごせる! 自宅ハンモックで癒しの時間を堪能

おうちデートをしてまったりするのも良いけれど、毎回同じパターンだとさすがに飽きて …