婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

指摘するのは逆効果!? 彼の悪いクセを直した女性が実践したこと

    2015/11/11

多かれ少なかれ、誰にでもクセはあるもの。しかし、それが人生や生活、人間関係に悪い影響をおよぼしかねない場合、「クセだからしょうがない」という言葉で片づけられない問題になるのは、ここイタリアでも一緒です。

arthurhidden – Fotolia.com

パートナーのどちらかが持つ悪いクセが原因で、別れる別れない…ともめることも少なくありません。

ここでは、そんなパートナーのクセをなくすために悪戦苦闘した女性が、相手を変えるためにどんなアクションを起こしたのかをお伝えします。

1.ここぞというタイミングを逃さずに、ズバッと伝える

IT企業で働くヘビースモーカーの彼と6年前から付きあっている知人女性。彼の家族や友人からは「タバコをやめさせてほしい」といわれることが多かったそうです。

彼に禁煙話をしても、「やめられるなら、とっくにやめているよ!」と渋い顔で返されるだけ。

彼女自身も、どこかひとごとだと考えていたそう。しかし、あることがきっかけで「彼とこの先も一緒にいるためには、タバコをやめてもらわないとダメ」と実感したといいます。

「これをやめて」「××をしないで」とクセを指摘するのは、ダメ出しにも聞こえてしまいがち。なかなか効果があらわれないものです。

それに嫌われたくないという気持ちが加わると、口が重くなってしまうもの。

これだというタイミングを逃さずに、1回だけでズバッとクセを自覚させるのが、本人を傷つけないコツといえるでしょう。

1 2 3

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

イタリア人直伝! 恋人やパートナーに大切にされたい女性が使う愛情表現

イタリアの人たちは、恋人やパートナーに「アモーレ(愛しい人)」「テゾーロ(私の宝 …

今年こそ絶対彼氏を作る! あなたに彼氏ができない4つの理由

年始め、「結局、昨年も彼氏できなかったな〜」と一年を振り返っている人も多いはず。 …

浮ついた彼ならいらない 一途な男性に共通する意外な特徴とは?

真剣に付き合うんだったら、フワフワ浮ついた男より一途な男性のほうが誠実で素敵です …

「いまだけだから…」オーバー30で不倫にハマッた女性たち【女30からのシアワセ道 vol.23】

不倫とは、人が踏みおこなうべき道から外れること。なかでも、配偶者ではない相手との …

好きな人を追いかけても反応がないときの「効果的な仕切り直し方」

好きになったら気持ちを抑えられなくて迫ってしまう、追いかけられるよりも追いかけた …