婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

結婚相手が見つからない人が、本当にやるべき行動

    2015/12/06

30歳をすぎると、出会いのきっかけ自体が少なくなってしまいます。

20代のころは頻繁に開催されていた合コンや飲み会は減少するし、周りには既婚者が増えるため、誰かいい人紹介してよと頼んでも、「みんな結婚しちゃってるんだよね〜…」などと返されることもしばしば。

(c)Syda Productions – Fotolia.com

どうしよう、このままじゃ結婚相手どころか彼氏すら見つからないっ!! と焦ってしまいます。

みなさんの周りに、独身の「古い男友だち」や「昔から付き合いのある男性」はいませんか?
もしいるのなら、その彼こそが未来の旦那さまかもしれません。

■結婚するなら「古い男友だち」がいい

いきなり男友だちを恋愛対象にしろと言われても、「いやいや、完全に友だちだし」「恋愛感情とかわきません」と感じる方が多いと思います。

ただ、35歳を過ぎて結婚に至ったカップルに聞いてみると、「じつは古い知り合いだった」「学生時代からの友人だった」というなれそめが非常に多いです。

そのうえ、古い友人同士のカップルは結婚して数年たっても非常に仲がよく、まさに理想の夫婦といった関係性を維持している点も見逃せません。

■友だちだから、分かり合うのが早い

結婚相手に古い男友だちを選ぶといい本当の理由は、「相手のいいところも悪いところも知っているから、すぐに安定したカップルになれる」ということ。

イチから恋愛を始める場合、まずは相手のことを知るところからスタートしますよね。

付き合って最初の3カ月くらいは良くも悪くも探り合いの期間になるし、半年くらいでようやく相手の人柄がわかって、腹を割ってなんでも言い合える状態になるには、1年くらいかかるものです。

結婚するとなれば当然慎重になるわけですから、相手の人柄を見極める期間が必ず必要になってきます。

2〜3年付き合ってから結婚するカップルが多いのも、「この人と結婚しても大丈夫だ!」と思えるまでには、それくらいの年月が必要ということの表れなのでしょう。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

理想の女性像は変化した!? モテ最前線「おかん」な女性の特徴6つ

メジャーリーグで活躍しているダルビッシュ有選手と元レスリング世界女王の山本聖子さ …

こだわり派の彼も納得! 周りと差がつくクリスマスプレゼント3選

大好きな彼へのクリスマスプレゼント、何にしようか頭を悩ませてはいませんか。サプラ …

子供っぽい彼についイライラ…「お子様彼氏」の育てかた

女子飲みトークで格好の酒の肴になるのが「彼氏or夫のグチ」なのは、ここイタリアで …

イタリア人直伝! 恋人やパートナーに大切にされたい女性が使う愛情表現

イタリアの人たちは、恋人やパートナーに「アモーレ(愛しい人)」「テゾーロ(私の宝 …

「信頼」? それとも「依存」? 彼のホンネをチェックするポイント

昔から男性は「強くあれ」といわれて育ってきました。 最近は草食男子の台頭もあり、 …