婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

刺激が少ない男性のほうが、結婚相手に向いているワケ【女30からのシアワセ道 vol.14】

    2015/12/06

「自分に刺激を与えてくれる、あるいは刺激を与えあえる人がいい」

オーバー30の女性たちに「結婚したい男性のタイプ」を聞いたところ、こんな答えをもらったことがあります。

tunedin – Fotolia.com

はたして「刺激」とはなんでしょうか。出会ったころのドキドキ感や、相手の知識や経験が自分より豊富なこと、または相手がサプライズ上手なことを「刺激」とするなら、刺激とは「異物」にほかなりません。

自分のなかにはない「異物」だからこそ、心を揺りうごかされたり、たかぶったりするのです。

■結婚に必要なのは価値観の共有

結婚という日常生活を送るなかで、必要かつ重要視しなければならない条件は、相手と価値観を共有できるかということです。なにかトラブルが起きたときに、話しあいができる環境をつくっておこうという約束も、これに含まれます。

ところが、刺激という「異物」を有する相手とは価値観が一致しないこともあるため、話しあいができる環境すらつくれない可能性があるのです。

これは、わたしが受けている恋愛相談のなかで、特に女性から多くよせられるお悩みのひとつでもあります。メールでいただいた相談内容を読んでいるだけで「価値観が合っていない」という印象を受けます。意見をすりあわせようとすると、ケンカに発展してしまうこともあるようです。

そこでわたしはまず、いい方を変えてみるようお伝えしています。男性と女性では、同じ言葉でも受けとり方がことなるケースが多々あるからです。男性に寄りそうようないい方に変えて相手の反応を見てもらうのですが、うまくいかないケースがほとんどです。

「異物」を有する相手とは、物ごとに対する考え方が根本からあっていないことが多いからでしょう。結婚相手に刺激を求めているかぎり、悩みは解決されることはないということです。

くりかえしますが、生活に刺激という「異物」は不要です。結婚すれば、刺激はいやでも夫婦の外部からもたらされるものだからです。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

あなたの彼は大丈夫? 身近にいると厄介な「恋愛ゲーマー」の正体

あなたの周りには、どんな話題であっても最終的にはなぜかいつもあなたと意見が分かれ …

あなたの彼、大丈夫? ハイスぺ激務男子の巧みな嘘と本音【後編】

前回に引き続き、外資系証券会社勤務の男子の本音に直撃インタビュー! 色々とご披露 …

恋人の嫌な部分に目がいくのは、劣等感のせい…? 【心屋仁之助 塾】

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門が相談に答える「凍えた …

見逃してない? 恋愛力アップに重要な3つのポイント

彼との関係をもっと円満にしたい、気になる彼との仲を深めたいなど、それぞれで悩みや …

アラサーモテ女に聞いた、彼を落すLINE活用テク4つ

男性が、大人になっても「男の子」の気持ちを持ち合わせているように、女性の心のなか …