婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

自家用ジェットでお買いもの! バブル世代の先輩に聞く、仰天クリスマスエピソード

 

12月に入り、街のキラメキもいよいよクリスマス一色。「でも、今年はイブが平日だからなぁ…」とイマイチ盛り上がりきれないアラサー世代に、好景気に浮かれていたバブル時代のクリスマスエピソードをご紹介! 平日クリスマスを思う存分楽しむマインドを教えてもらいました。

【参加者プロフィール】

【手前】沖 直実さん:イケメン評論家、ラジオパーソナリティ

バブル当時は、もっとも華やかだったテレビ局でアルバイトをしていた。

【中央】松本和子さん:マグマスパスタジオ「インシー」PR

バブル当時は、レーサー&ラジオのディスクジョッキーとして活躍。

【奥】A子さん(匿名希望):テレビ局勤務

バブル当時は、大学生から新入社員の時代。

■20日を過ぎれば毎日がクリスマス! 夜な夜などこかでパーティ!

——今年はイブが平日ということで、「おうちで彼とのんびり」「友だちと居酒屋でほっこり」という、わりと地味目な予定を組んでいるアラサー女子が多いようなのですが…。

松本さん(以下、敬称略):バブル時代というと1986年から1991年の5年間。イブが何回平日だったかは覚えてないんだけど、平日かどうかってそれほど重要じゃなかったよね。

沖さん(以下、敬称略):そうそう。20日ごろから毎日がクリスマス!(笑)。レストランを貸しきったパーティが代官山とか外苑前とか、あちこちで開催されていて、ハシゴしたよね。あと、ディスコ。六本木だとジェイトリップバーとかMカルロとか人気だった。

松本:ディスコ、行ったね。それからホテルのボールルームでのクリスマスパーティ。正装が基本だったから、男の人はタキシードだったし、わたしたちもめいっぱいオシャレして。

A子さん(以下、敬称略):イブ直前の週末が彼と過ごすクリスマス、というイメージですかね。日本中にお金が溢れていて、若手でも会社員の年収が高かった時代でもあったけど、大学生でも恋人とステキなクリスマスを過ごすために、アルバイトしてお金を貯めていた。フレンチのディナーコースがひとり25000円って普通でしたからね。さらにシャンパン飲んで、ワイン飲んで、クリスマスプレゼント、となると軽く6ケタになっちゃう。

松本:女性がお財布を開く時代じゃなかったし、ジャストフレンドな男性でも、クリスマスウィークに食事すればティファニーのキーホルダーとかエルメスのスカーフをプレゼントしてくれるような感じだったから、彼はもっと頑張らなくちゃいけなかった(笑)

1 2 3

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

「もしかして、オレの金目当て?」と思わせる女性の特徴

  記念日や節目の日など、カップルにとって特別な日のディナーやプレゼン …

結納なしはOK? 両家顔合わせに必要な段取りとマナー

結婚の第一関門となるのが両家の顔合わせ。いざとなるとどうしたらよいのでしょう。 …

仕事中の表情にも注意 モテる30代女性の共通点【女30からのシアワセ道 vol.25】

30代に入ると、次第に男性から結婚対象として見られづらくなる説がありますが、はた …

「彼、もしかして結婚している?」と思ったら、こう聞こう【女30からのシアワセ道 vol.22】

「彼が結婚しているとは知らずに付きあってしまった…」 Martinan &#82 …

婚活の最大の敵は「焦り」! 独女が幸せな結婚生活を実現させるためのメンタル

今の世の中、結婚に対する考え方は変わってきていますが、結婚願望が強い女性は、まだ …