婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

自分を痛めつけるような恋愛ばかりしてしまうのは、なぜ?

 

 

不幸な出来事をきっかけに、人生を転がり落ちてしまう人は意外といます。コラムニスト・ひかりさんが厳しくも愛のこもったアドバイスをします。

(c) A.KaZaK – Fotolia.com

■好きでもない人と関係を持ってしまいます(Jさん・19歳)

半年間付き合った彼との間に子供ができました。でも、彼にそれを言っても、働いてくれず、親になる自信はないと言われました。結局、親に相談し、双方で納得して堕胎することに決めました。

そのときから彼と一緒にいるのが苦痛になり、その後、彼から「より戻そう、俺、頑張って働くから産もう」と言われましたが、断りました。

でも、そこから私はクズになりました。好きでもない人と肉体関係を持つようになり、そういう行為に抵抗もなくなりました。もう落ちるところまで落ちてしまいそうです。どうしたらいいでしょうか?

■Jさんへ回答

堕胎するという経験は、女性にとって本当に辛いことだと思います。でも、それと、好きでもない人とHをして自分を大切にしない行動ばかりをとるのは、話が別です。Jさんは心が弱すぎます。自己コントロールできないことを、過去の辛い経験のせいにしてはいけません。

もし失ってしまった新たな命に申し訳ない気持ちがあるなら、気持ちが落ち着くまでその命に心で語りかけ、謝るのもいいでしょう。

「いつかまた会えるときが来るまでに、しっかりした女性になり、きちんと生み育てられる環境を整えるから、待っていてほしい」と強い決心を抱くのもいいでしょう。

でも、いまのJさんは一体なにをやっているのでしょうか? 誰がそんなことを望んでいるのでしょうか?

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

危険な本性を隠しもっている「ブラック彼氏」に要注意!

結婚して、はじめて気づく彼氏の本性。夫婦になった途端、「えっ?こんな性格だったの …

婚活パーティーや合コンで気になる男性から声をかけてもらう方法

ステキな男性と巡り合うために、婚活パーティーや合コンに参加することもあるでしょう …

「年の差恋愛」ウェルカム! アラサー女性は新社会人の男性が狙い目? 

結婚したいけど出会いがないと悩んでいる女性に朗報! というのも、最近の若者は結婚 …

「女子」という言葉の違和感、「女」である自覚をもつ重要性 【女30からのシアワセ道 vol.3】

女子会、女子力、働き女子、オトナ女子…。 マスコミが提唱したことにより、最近では …

社内恋愛を成功させる2つのコツ

先日女子会で、「最近彼が忙しくてなかなか会えない、寂しいから別れようかな…」との …