婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

その言動、大丈夫!? モラハラ認定されてしまう女性の特徴

    2015/12/14

芸能人の離婚騒動をきっかけに広まった「モラハラ」。一見問題なく、お付きあいまたは結婚しているカップルでも、女性が無意識のうちに相手に心理的負担を強いたり、傷つけてしまうことがあるものです。

Voyagerix – Fotolia.com

女性にとっては「かわいいワガママ」のつもりでも、いわれる男性側はたまったものではありません。心身に大きなストレスをかかえた男性が爆発して、事件を起こすケースもイタリアでは珍しくないのです。

今回は、「パートナーにストレスを感じさせる」モラハラ女性たちがもつ共通点についてご紹介します。

1.気にいらないとすぐに泣く

彼女募集中だった知人男性と久しぶりに会い、「彼女ができた」という報告をうけたときのことです。

「彼女とはうまくいってるの?」と聞くと「順調だけど、ひとつだけ困ってることがあるんだ」と顔がくもりました。彼女は気にいらないことがあると、すぐに泣くのだそう。

彼が悪いわけじゃないときも泣く彼女に対して、「最近は気づかれしてばかりだよ…」とこぼす姿に、かける言葉がありませんでした。

「涙は女の武器」という言葉さながらに、泣くことで感情を訴える人は少なくありません。しかし、度が過ぎれば「相手を思いどおりにする」という本音が透けて見えてしまい、相手にとって「ストレスの元凶」になるばかりです。

2.外面がいい

彼女からの猛アプローチで付きあいをはじめた知人男性は「最初のうちはチヤホヤされていたけど、いまはそんなラブラブっぷりが消えて、だるい付きあいになっている」と、パーティでグチっていました。

「仲よさそうじゃない。あんなにかわいい彼女のどこが不満なの?」と周りが聞くと「そう見えるのは人前だけ。彼女、ものすごく外面がいいんだ。ふたりきりだと、ろくに話もしない。もう別れようかな」とこぼしていました。

第三者がいるときとふたりきりのときの態度に差がありすぎる場合、単に「ステキな彼氏とラブラブな私」を周りにアピールしたいだけという可能性もあります。

人前では物わかりがいい彼女に見えても、陰では無理やり自分のいうことを聞かせる…という具合にエスカレートすることもあるので要注意です。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

これって幸せの法則? 仲良しカップルに共通する夫婦円満5つのコツ

結婚していつまでも仲の良い夫婦もいれば、離婚してしまう夫婦もいます。できるものな …

デメリットが明確だからこそ、社内恋愛で“運命の人”を見つけるべき

「出会いがない」という女性の多くは、「恋愛するような“ステキな人”との出会いがな …

完成した独身男などいないという現実を知る 【女30からのシアワセ道 vol.4】

このようなタイトルにしましたが、完成した人間など性別年齢、未婚既婚を問わずこの世 …

本当に助かる? 家事を「手伝う」という男性の実態

このご時世ではよく聞く「イクメン」や「主夫」というワード。 かつて「女性は結婚を …

自分よりも学歴・収入が下な彼を好きに…どう対応したらいい?

恋愛・結婚するなら高学歴・高収入の男性が良いと思っていても、好きになったら関係な …