婚活のみかた

婚活のみかたは婚活情報を随時更新

  

結婚相手に刺激を求める前に、見直すべきこと【女30からのシアワセ道 vol.15】

    2015/12/14

刺激が少ない男性のほうが結婚相手に向いている理由を、「結婚すれば、刺激はいやでも夫婦の外部からもたらされるものだから」と、前回お伝えしました。

Maya Kruchancova – Fotolia.com

そして、相手から刺激を受けるかどうかよりも、夫婦は価値観が共有できるかどうかが肝であることも。そもそも、刺激を結婚相手に求めること自体がまちがっているのではないかと、わたしは感じています。

■退屈な日常は夫婦の歴史でもある

夫婦は日常的な“退屈”に慣れて絆を深めていく、運命共同体です。起きてから出社までの段取りや帰宅してから就寝までのスケジュールは、時間的には変則があっても、基本的には毎日変わらないもの。日々変化するように工夫する人は少ないはずです。

たとえば、朝、軽くシャワーを浴びてから朝食をとり、身じたくするという順番が決まっているとします。その段取りを毎日アレンジする人が少ないように、夫婦も淡々と同じ毎日をくりかえし、積みかさねていくものなのです。

同じ毎日のくりかえしは必然的に退屈へと変わっていきます。しかし、退屈に慣れた時間が長くなればなるほど、人はその時間を失いたくない、と考えるようになるのです。

そして、困難が生じたときには夫婦で立ちむかって解決することで絆が深まります。退屈な毎日を取りもどして、そのありがたみを実感するのです。

仲むつまじいご夫婦の夫側に話を聞いたとき、「妻とは“歴史”があるから」「妻は苦労した自分を知ってくれているから」と語っていました。

これは、外でなにが起きても家に帰れば安穏とした日常があり、それを失いたくないという気持ちの現れです。夫婦間に刺激など不要という好例ではないでしょうか。

1 2

オススメ記事



 - ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

嫌悪感を与えてる!? 話し方のクセを改善してコミュニケーション上手へ!

気軽にコミュニケーションがとれるSNSやLINEなどは便利なツールですが、実生活 …

知らないうちに彼を傷つけているかも!? “モラハラ彼女”のチェックポイント

不快な言葉で精神的な苦痛を与え、ときに暴力的な言動で相手を傷つけるモラルハラスメ …

同棲解消時、彼氏とトラブルにならないための対処方法

結婚前のお試し期間として同棲するカップルは少なくありませんが、意外と破局率が高い …

超モテ女がやっている、オトコがグッとくるしぐさ2つ

バツイチで高校生のお子さんが二人いるにも関わらず、超モテ女な知人がいます。 クー …

彼の服装がダサいだけで別れるの? 理想と現実のギャップの乗り越え方

夜9時を過ぎると、テレビで出会い系サイトのCMが流れはじめる時期になり「ああ、夏 …