DNA婚活!遺伝子レベルで“相性のよいパートナー”を見つける方法

DNA婚活!遺伝子レベルで“相性のよいパートナー”を見つける方法

話題のDNA婚活とは?

結婚相談所やマッチングアプリなど、出会いを提供するサービスはたくさんあります。

そんな中、新しい試みとして話題になっている“DNA婚活”をご存知でしょうか。

DNA婚活は、今から5年前の2013年ころから始まった新しいサービスです。

科学的な根拠をもとに、スイスやアメリカなどの海外から始まり、現在大手婚活サービス会社を含む数社が提供しています。

DNA婚活と一般的な婚活の違い

DNA婚活と一般的な婚活の違い
DNA婚活を希望する場合は、DNAによるマッチングサービスを提供している婚活サイトに登録をして、遺伝子検査を行う必要があります。

一般の婚活とDNA婚活の異なるところは、従来のマッチングのように、自分の経歴や好みのタイプだけで好みのタイプを探す必要がないところです。

「遺伝子レベルで相性の良い相手を見つけることができる」ため、コミュニケーションが苦手な人や、出会うまでの時間を短縮したい人にはとても効率的といえるのではないでしょうか。

効率的で理にかなった婚活のカタチ?

効率的で理にかなった婚活のカタチ?
一般的な、結婚相談所の登録から成婚までの流れは以下のようになります。

  1. 婚活サイトに登録
  2. 外見や条件で理想の相手をリサーチする
  3. 相手の条件に当てはまれば実際に会う
  4. お互いに好感が持てれば交際が始まる
  5. 交際が順調に進めば結婚

人によって上述の1~5までの期間や時間が異なるため、2と3を何度も行ったり来たりしていると、焦りを感じたり、ついには諦めて行動に移せなくなったりするものです。

対して、DNA婚活の場合は、遺伝子という潜在的かつ普遍的な要素から相性のよい相手を抽出するもの。

そのため上述の2と3が、効率よくできるということになります。

DNA婚活の特徴と今支持されている理由をご説明します。

DNA婚活のここがスゴイ!

DNA婚活のここがスゴイ!
DNAは「体の設計図」と呼ばれ、細胞、器官、臓器などはすべてDNAの情報に基づいてつくられています。

この唯一無二のDNA情報を元にして、相性のよい相手を探そうというのが「DNA婚活」です。

DNA婚活を希望する場合は、上述のとおりDNAによるマッチングサービスを提供している婚活サイトに年齢、職業、出身地などの情報を登録します。

会員登録後にDNA採取キットが送られてきます。

使い方は簡単、キット内の綿棒で頬の内側の粘膜をこするだけで採取することができます。

準備ができたら、返信用封筒に入れて郵送します。

その後、検査機関を経て1カ月前後で結果が出ます。

DNA婚活を行うために登録した婚活サイトの各会員との「DNA相性度」が、0~100%の値で確認することが可能になります。

相性がよいとされる指標は70%以上。

DNAデータをもとに、「あなたが求めているのはこんな人では?」とコンシェルジュのようなアドバイスをしてくれる機能もあるようです。

“好きになれる”可能性も高い

“好きになれる”可能性も高い
しかし、DNAで相性が良くても、好きになれなければ恋愛は始まらないですよね。

DNA婚活が支持されている理由を、理論的に解説します。

本能的に求めているもの

『雑種強勢』という言葉をご存知ですか?

同じ遺伝子で交配を行うより、違う遺伝子とのほうが優秀な種を残せるという考え方です。

DNAの中には、HLAという免疫担当の遺伝子があります。

自分と遠いHLAパターンを持つ種とかけ合わせることによって免疫力が高くなるため、哺乳類のメスは本能的に求めているのだとか。

人間には、4つのタイプの血液型があります。

赤血球の血液検査をもとに、A、B、O、AB型で分けられたものを指します。

一方、先述した「HLA」は、白血球の検査をもとに分けられるため、非常に多くの型が存在します。

多くの形に分けられる分、相手との組み合わせも何万通りと多くなるため、精度の高い相性診断に繋がるという仕組みです。

フェロモンが科学的に証明される!?

多くの女性は、それぞれの男性が持つニオイに対して敏感です。

それは本能でフェロモンを嗅ぎ分けているからだといわれています。

フェロモンそのものは、無臭です。

しかし、「かけ離れた遺伝子を持つ相手のニオイには、居心地のよさ」を感じます。

反対に、自分に近い遺伝子パターンを持っている相手のニオイには「拒否反応を示す」と、いわれています。

思春期の女の子が父親のニオイを嫌う理由は、自分に近い遺伝子パターンであることが理由です。

DNAは変わることのない指標

多くの女性は、結婚相手に対して「外見」「職業」「年収」といった条件の良さを求めます。

外見は、年齢と共に変わっていきます。

職業や年収も、本人の意思に関わらず、変化する可能性があります。

例えば、条件で結婚をした場合、条件が何らかの事情で変わってしまったとき、それでも生涯ともにすることができるパートナーであれば申し分ないでしょう。

「変わるか」「変わらないか」の話だけでいうと、DNAは変わることのない指標のひとつといえるのです。

結婚の決め手の優先順位を考える

結婚の決め手の優先順位を考える
DNA婚活は、「なかなか、決め手となる相手に出会えない」と、思っている人に一筋の光をもたらします。

相性が良いと分かっていると、自信を持って相手に会うことができます。

なにより安心できるのは、相手もそう感じている可能性が高いということ。

これまで婚活がうまくいかずに、落胆続きの日々を過ごしていたなら「DNA婚活を試してみるのもひとつの方法です。

関連記事

  1. 暖かくなる季節がチャンス!年度の始まりに楽しむ婚活

  2. 愛知県岡崎市で“縁結びのご利益”が期待できる「寺コン」!座禅体験アリ

  3. なぜ男はナースに惹かれるのか?見習えば婚活に役立つ?!

    なぜ男はナースに惹かれるのか?見習えば婚活に役立つ?!

  4. 結婚相手は「出世しそうな男がいい」と思っている女性への注意ポイント

    結婚相手は「出世しそうな男がいい」と思っている女性への注意ポイント

  5. 石田衣良『コンカツ?』が婚活男女に話題!まとめ【Vol.14】

    石田衣良『コンカツ?』が婚活男女に話題!まとめ【Vol.14】

  6. これでトラブル防止!結婚相談所の料金比較を簡単にする方法

    これでトラブル防止!結婚相談所の料金比較を簡単にする方法

  7. 女性の婚活を邪魔するストレスホルモン!4つのサインとは?

    女性の婚活を邪魔するストレスホルモン!4つのサインとは?

  8. あなたの本性 分析してみる?婚活に役立つ「診断アプリ」7選

    あなたの本性 分析してみる?婚活に役立つ「診断アプリ」7選

  9. 恋愛経験なしでも婚活は始められる‐自分を知って生かせば上手くいく

    恋愛経験なしでも婚活は始められる‐自分を知って生かせば上手くいく

婚活会社の無料資料

婚活のみかた資料請求

資料請求からの婚活の始め方

人気記事

  1. 7つのチェック項目で男の価値観を診断!「結婚に向かない男」とは?
  2. 【A型の性格・恋愛傾向】気になるA型の性格と恋愛傾向まとめ
  3. 「結婚は人生の墓場」は誤訳。本来の言葉が意味していることが深かった
  4. 【AB型の性格・恋愛傾向】本当にミステリアスで二重人格なのか?
  5. 『B型って、どんな人?』気になるB型の性格とB型の恋愛傾向まとめ
  6. 話題のディグラムで恋愛分析『夫にしたくない男』の特徴とは?
  7. たった一つの言葉で見分けられる「モラハラ予備軍」の特徴とは?
  8. 人見知りな女性と仲良くなる方法 ~嫌われない6つのアプローチ術
  9. 既読スルーなし!オトコを胸キュンさせるLINEの返信パターン5選

最近の記事

  1. 結婚相談所の利用はデータマッチング型?それとも仲介型? 結婚相談所の利用はデータマッチング型?それとも仲介型?
  2. 埼玉県でパートナーを見つけたい人におすすめの“結婚相談所・5選” 埼玉県でパートナーを見つけたい人におすすめの“結婚相談所・5選”
  3. 山形県で婚活するなら!“大手婚活会社vs地域密着型”のポイント比較 山形県で婚活するなら!“大手婚活会社vs地域密着型”のポイント比較 
  4. DNA婚活!遺伝子レベルで“相性のよいパートナー”を見つける方法 DNA婚活!遺伝子レベルで“相性のよいパートナー”を見つける方法
  5. 結婚したい50代女性が婚活を始めるタイミングはいつ? 結婚したい50代女性が婚活を始めるタイミングはいつ?
  6. 再婚に適齢期はある?年代別にみる結婚のメリット・デメリット 再婚に適齢期はある?年代別にみる結婚のメリット・デメリット
  7. 宮崎県で「運命のパートナー探し」をお手伝いする自治体の取り組み! 宮崎県で「運命のパートナー探し」をお手伝いする自治体の取り組み!
  8. 香川県で結婚したい人出会いフルサポート“EN-MUSUかがわ” 香川県で結婚したい人出会いフルサポート“EN-MUSUかがわ”
  9. 婚約カップル&新婚世帯向け!結婚応援“おおさか結婚縁ジョイパス” 婚約カップル&新婚世帯向け!結婚応援“おおさか結婚縁ジョイパス”
  10. 千葉県内の婚活支援”地方自治体における活動・取り組み状況は? 千葉県内の婚活支援”地方自治体における活動・取り組み状況は?
PAGE TOP