「子連れで再婚したい」と思ったとき!ポジティブに実行したい5つの心構え

子連れで再婚したい

子連れの再婚をポジティブに行うために5つの心構えを押さえましょう

5つの心構え
結婚した当初は「一生添い遂げる」つもりだったけれど、ときには上手くいかないこともあります。しかし、一度結婚に失敗したからと、悲観する必要はまったくありません。
 
「人生は終わった」わけでも「もう幸せにはなれない」わけでもありません。いつからでも、人生の再スタートはできるのです。
 
現在、日本の離婚率は34%といわれています。つまり、結婚しても「3組に1組は別れている」ということです。その中には、もちろん再婚を考える人もいて、その数は相当数になるでしょう。
 
さらにその中には、子どもを連れている人もたくさんいます。シングルマザーやシングルファザーのために、子連れでの再婚を成功させるための5つの心構えを紹介します。

その1:子どもの気持ちを聞かずして再婚なし!

子どもの気持ちを聞かずして、再婚を進めることはできません。子どもの年齢にもよりますが、再婚の意思があることを素直に伝え、どうしたいかを聞いてみましょう。
 
もちろん、子どもが素直に話しやすいときなどを見計らうタイミングも必要です。
 
突然伝えると、拒絶されてしまうこともあります。子どもへの配慮がない再婚は、上手くいきません。子どもの気持ちを大切にしてあげてください。
 
子どもにとっては、知らない人が家族になるのですから、親以上に再婚のことを真剣に考えるものです。

知っている?養子縁組のメリットとデメリット!

シングルマザーが子連れで再婚した場合、法律上、実の子と同じように扱われるのが養子縁組。養親が亡くなれば、実の子と同じように相続を受けられます。
 
実の親との関係もそのままなので、実親が亡くなってもそのまま相続を受けられます。ただし、養親との関係を自由に解消できなくなるというデメリットも。
 
もし、実親が離婚した場合、離縁の手続きをしないと親子関係を解消できません。

その2:どの方法が幸せへの近道?

再婚相手を見つけるにもいろいろな方法があります。自分に合った方法を選びましょう

結婚相談所

再婚を前提に、経済的に問題のない相手を探すなら、結婚相談所がおすすめです。多少お金はかかりますが、確実に相手を見つけられます。結婚、恋愛に不安を抱いている人もカウンセラーに相談できるので安心です。
 

友人・知人の紹介

類は友を呼ぶといい、素敵な人の周りには魅力的な人が集まります。人柄で選ぶなら紹介が最適です。
 
尊敬している上司がいれば、思い切って「再婚を考えています。良い人がいれば紹介してください」と声をかけてみるのもいいですね。真剣に再婚を考えている人に、いい加減な人は紹介できないものです。

婚活サイト

手頃な価格で登録でき、活動できるのが婚活サイト。匿名での活動もできるので、知り合いに見つかりにくいというのが利点です。
 
反面、簡単に登録できるため、興味本位な人が混ざっているのが難点。トラブルに巻き込まれないよう気を付けましょう。

その3:相手の親の反対を覚悟せよ!

相手が初婚の場合、相手の親が反対することはよくあります。その場合、親が何を心配しているのかが大切。「血のつながらない子どもと、うまくやっていけるのだろうか」「すでに子どもがいることで、自分の子どもをつくらないんじゃないだろうか」いろいろ理由はあると思います。
 
そういうときは、婚約者に、親との価値観の違いを埋めてもらい、先に説得しておいてもらいましょう。それを苦と思わないような、婚約者であってほしいです。

その4.モチベーションを高める自分磨き!

今から相手を見つける人も、もう既に婚約者がいる人も、自分磨きをしましょう。「もう歳だから」と、諦めてはいけません。最近は年齢が分からないほど、綺麗な人がたくさんいますよね。
 
彼女たちは陰でいろいろ努力をしているのです。お金をかければいいというものでもありません。内面・外面を磨くと自信ができ、自然とキラキラしてくるものです。子どももそんなあなたを誇らしく思うでしょう。
 
そして、それは再婚へのモチベーションをも高めるのです。そんなキラキラしたあなたをすてきだと思ってくれる異性が必ず出てくるに違いありません。

 

その5.とにかく自信を持つ!

ひと昔前は、離婚をすると「失敗した」というイメージが大きかったですが、今は「バツイチの方がいい」という意見を持つ人もいるほど世間は変わってきました。
 
バツイチがいい理由は「一度失敗しているので、その失敗を次に生かしてくれそう」「誰にも頼らず1人で頑張っている姿が魅力的」というものです。
 
一度は誰かに選ばれたわけですから、それも強みです。こんなバツイチの需要を知ると、再婚しないのがもったいなくないですか?
 
「どうせ私なんて」「どうせ俺なんて」と卑屈にならず、再び幸せな家庭を持つ日を夢見て動き出してみましょう。

関連記事

  1. 婚活迷子に陥らないために。婚活で大事な4つの心得

  2. 「婚活うつに陥る前に…」メンタルの不調もカウンセリングで癒す【婚活アロマ】とは?

  3. シングルマザーが再婚して子どもと一緒に幸せになるための3つの秘訣

  4. バツイチの婚活は利点もある?一度経験しているという強み

  5. 【石田衣良(著)】『コンカツ?』が婚活男女に話題!まとめ記事 【Vol.19】

  6. 結婚相談所の無料体験は得か?婚活カウンセリングを受けて分かったこと【里子の婚活放浪記 CASE9】

  7. 新しい婚活の時間帯『朝コン』とは?

  8. 離婚をしてシングルになった男女が「再婚したい」と思う瞬間トップスリー

  9. 結婚相談所の仲人91.7%が賛成。婚活の近道は「理想と異なる相手とのお見合い」

資料請求からの婚活の始め方

最近の記事

  1. 結婚相談所を利用するなら“データマッチング型”?それとも“仲介型”? 結婚相談所を利用するなら“データマッチング型”?それとも“仲介型”?
  2. 埼玉県でパートナーを見つけたい人におすすめの“結婚相談所・5選” 埼玉県でパートナーを見つけたい人におすすめの“結婚相談所・5選”
  3. 山形県で婚活するなら!“大手婚活会社vs地域密着型”のポイント比較 
  4. DNA婚活!遺伝子レベルで“相性のよいパートナー”を見つける方法とは?
  5. 結婚したい50代女性が婚活を始めるタイミングはいつ? 結婚したい50代女性が婚活を始めるタイミングはいつ?
  6. 再婚に適齢期はある?年代別にみる結婚のメリット・デメリット 再婚に適齢期はある?年代別にみる結婚のメリット・デメリット
  7. 宮崎県で婚活!「運命のパートナー探し」をお手伝いする自治体の取り組み 宮崎県で婚活!「運命のパートナー探し」をお手伝いする自治体の取り組み
  8. 香川県で結婚したい人のための“EN-MUSUかがわ”出会いフルサポート 香川県で結婚したい人のための“EN-MUSUかがわ”出会いフルサポート
  9. 婚約カップル&新婚世帯向け!結婚を応援する“おおさか結婚縁ジョイパス” 婚約カップル&新婚世帯向け!結婚を応援する“おおさか結婚縁ジョイパス”
  10. 千葉県内の婚活支援”地方自治体における活動・取り組み状況は? 千葉県内の婚活支援”地方自治体における活動・取り組み状況は?

婚活会社の無料資料

婚活のみかた資料請求

人気記事

  1. 婚活疲れを癒す言葉のサプリ~ためになる結婚名言集
PAGE TOP